村松さくらんど温泉(新潟県) 
むらまつさくらんどおんせん

DATA
所在地新潟県中蒲原郡村松町
入浴 2003年8月
泉質 ナトリウム−塩化物・硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温 源泉43.2度
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性皮膚病、動脈硬化症など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

村松さくらんど温泉は村松郊外にある日帰り温泉施設です。国道から案内板に従って農道というか脇道に入っていっていくと、しばらく田園風景が続きその中にポツンと見えてきます。田んぼの真ん中にある施設ですが、かなり大きな施設で、駐車場も広く設備も充実しています。まずは玄関で履物を脱いでシューズロッカーに入れます。
券売機で入浴券を購入してからフロントへシューズロッカーの鍵とともに渡すとバスタオルとハンディタオル入りのバックが渡されるシステムになっていました。フロントの前には特産品や土産物の販売コーナーもあり、左手には食堂や大広間の休憩室、右手側にはマッサージルームや浴室があります。この他にも研修室や多目的ホールなど地域の交流の場としての設備もありました。
浴室は「さくらの湯」と「黄金の湯」の二種類があり、月替わりで男女が交替するようになっていますが、館内見取り図やパンフレットを見るかぎり、特に違いがあるような印象はありませんでしたがどうなんでしょう。今回は「さくらの湯」に入りました。脱衣所は鍵付きのロッカーが並び洗面台がありましたが、けっこうシンプルな感じです。
浴室はけっこう広く洗い場がズラリと並び、その奥にはサウナと水風呂があります。湯舟は「源泉の湯」と書かれた4名ほどでいっぱいの小さなものと、大きな浴槽がありました。湯は微妙に濁っているようですが、ほとんど無色透明です。大浴槽は白っぽいのに対して源泉浴槽は少し黄色いような気もします。
それから温度も源泉の方がややぬるい感じです。でもせっかく源泉浴槽を用意したにも関わらず、その浴槽がジャグジーになっているのはどうなんでしょうかね。ちなみにどちらの湯も飲用することはできないようです。ちょっと舐めてみるとショッパくて苦味がありました。庭に出ると露天風呂があります。
庭は庭園のように整備され、けっこう広くその片隅に東屋風の屋根がついた露天岩風呂がありました。露天の湯はかなり塩素の臭いがキツイですね。夜間は入浴料が割引になるので、銭湯代わりに疲れを癒しに来る地元の方が多いようです。観光を意識してくるような場所でもないようですが、設備面はしっかりしていて疲れを癒すのにはなかなかいいところだと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.