渡瀬温泉・わたらせ温泉大露天風呂(和歌山県) 
わたぜおんせん・わたらせおんせんだいろてんぶろ

DATA
所在地和歌山県東牟婁郡本宮町渡瀬
入浴 1999年8月
泉質 塩化物泉
泉温 源泉72度
形態 公衆浴場 男女別・家族風呂
効能 消化器病・肝臓病・便秘・痛風など
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

紀伊半島の南部中ほどにある「わたらせ温泉」は、温泉情緒豊かな「湯の峰温泉」と、仙人風呂で有名な「川湯温泉」の中間に位置する、山の中にあるホテルです。西日本最大の大露天風呂を謳い文句にしている、まさに露天風呂自慢の温泉宿です。宿の敷地は広く、ホテルやキャンプ場、バンガロー、テニスコート、クアハウスなどが揃っていて、遊びどころも満載で人気のスポットなんだとか。その中心的存在が大露天風呂です。
この大露天風呂は宿泊者だけでなく立ち寄りでの入浴も可能ということで、ドライブのついでに立ち寄ってみました。ちなみに温泉地は「わたぜ」と読むのだそうですが、ここの温泉は「わたらせ」と名乗っているのだそうです。温泉施設はホテルの建物とは別になっていて、大きな入母屋屋根に「大露天風呂」と書かれています。ここには温泉の受付、売店、レストランがあるようです。
浴場は男女とも内湯と露天風呂がそれぞれあり、露天風呂は石で囲まれた大きな湯舟がいくつかありました。湯舟はそれぞれ印象が違うように感じましたが、源泉が違うのでしょうか?それとも加水の仕方が違うだけでしょうか。色も手前の巨大な風呂は透き通っている綺麗な湯だったのですが、奥の方の風呂は少々濁っている感じの湯でした。
泉質は美人の湯として知られている重曹泉なので、入浴後の肌の感覚がスベスベして気持ち良かったです。この感触はなかなかのものです、女性客じゃなくともこれはうっとりとしてしまうほど気持ちのいいものです。また、湯舟のまわりは大きな石や植木などが配置されていて、庭園の中にいるような洒落た雰囲気がとてもよかったです。
けっこう人気があるようだけれども、これだけ広ければかなりのキャパがあるので、わりとゆっくりとできそうです。また、夜間も遅くまで営業しているので、夜空を眺めながらの入浴も気持ちよさそうです。脇に流れる四村川にはつり橋もかけられいて、湯ざましがてらに散歩してみるとこれがまた気持ち良く、澄んだ空気を吸いながら大自然を満喫できた気がしてとても気に入りました。できることならゆっくりと滞在して温泉と自然を満喫したいところです。





Copyright(C)2016 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.