温泉泉質別効能表

泉質名定義効能コメントオススメの温泉
単純温泉 源泉の温度が25度以上で、温泉水1キログラムのうち含有成分が1000mgに達しない成分の薄い温泉。水素イオン濃度が8.5以上あればアルカリ性単純温泉と呼ばれます。特殊成分を含んでいる場合などは医学的にも高い効果が認められます。 神経痛、リウマチ、腰痛、疲労回復、関節痛、運動機能障害、皮膚病、外傷、やけど、高血圧症、脳卒中の回復期の保養、骨折などの後保養など。 無色透明で無味無臭の湯が多いが、成分が規定値に達していないというだけで黄色かったり硫黄臭がしたりするものもあります。比較的刺激が少ないものが多いので入浴しやすい、また石鹸がとく泡立つのも特徴です。単なる水でも温度が25度以上あれば温泉なんです。 湯原温泉・砂湯(岡山県)
由布院温泉・下ん湯(大分県)
修善寺温泉・独鈷の湯(静岡県)
壁湯温泉・旅館福元屋(大分県)
川底温泉・蛍川荘(大分県)
満願寺温泉・露天風呂(熊本県)
食塩泉(ナトリウム塩化物泉) 温泉水1キログラム中1000mg以上の含有成分があり塩素イオンとナトリウムイオンが主成分であるもの。泉水に含有する食塩の量により弱食塩泉(100〜500mg)と強食塩泉(1000mg以上)に分類される。 神経痛、皮膚病、打ち身、手足の冷えやしびれ、婦人病、切り傷、やけど、手術後の保養、病気の保養など。飲用:胃腸病、肝臓病、便秘など。 食塩を含む温泉なので舐めてみるとしょっぱいのが特徴。海に囲まれているだけあって日本で一番多い泉質なんです。皮膚に付着した塩分が汗の蒸発を防ぐために保温効果に優れている。石鹸が効きにくいのも特徴。ちなみに海の水でも地下から汲み上げれば法律上は温泉になるらしい。 石部温泉・平六地蔵露天風呂(静岡県)
碇ヶ関温泉・碇ヶ関温泉会館(青森県)
湯野浜温泉・上区公衆浴場(山形県)
杖立温泉・源泉元湯(熊本県)
五戸まきば温泉(青森県)
硫黄泉(硫化水素泉) 水素イオン、またはチオ硫酸イオンあるいは硫化水素に対応するイオン総量が2mg以上のものをいう。硫黄を2mg以上含んでいれば単純硫黄泉と呼び、遊離の硫化水素や炭酸ガスを含む総硫黄を2mg以上含むものを硫化水素泉と呼ぶ。 皮膚病、湿疹、吹き出物、美肌作用、神経痛、リウマチ、慢性の鼻喉炎、気管支カタル、水銀・鉛中毒など。飲泉をすすめるところもある。 日本ではわりと多い泉質で、卵が腐ったような独特の匂いがあります。この臭いがしないと温泉でないと思っている人もいるくらい温泉の代表的な泉質です。湧出時には透明で、すぐに黄白色の硫黄沈殿(湯の華)ができます。 高雄温泉・野天風呂(栃木県)
硫黄島・東温泉(鹿児島県)
恐山温泉・冷抜の湯(青森県)
猿倉温泉(青森県)
網張温泉・仙女の湯(岩手県)
重曹泉(ナトリウム・炭酸水素塩泉) 炭酸水素イオンとナトリウムイオンが主成分で含有総成分は1リットル中1000mg以上のもの。重炭酸とナトリウムを主成分とするアルカリ性泉。 美肌作用、皮膚病、外傷、火傷、神経痛、リウマチ、胃腸病、肝臓病、糖尿病、腎臓結石など。飲用:胃酸中和と炭酸ガスの作用で、胃腸病、便秘などに。 皮膚の表面を軟化させる作用や、皮膚の脂肪や分泌物を乳化して洗い流すので皮膚病などに効果がある。ツルツル、ヌルヌルした肌触りがあり一般的に「美人の湯」と呼ばれることが多い気持ちのいい湯。飲むと胃酸を中和して、炭酸ガスが胃の活動を促進させる効果もある。 湯の泉温泉・露天風呂(群馬県)
妙見温泉・和気湯(鹿児島県)
羽根沢温泉・共同浴場(山形県)
滑多羅温泉・鶴乃湯(秋田県)
人吉温泉・華まき温泉(熊本県)
重炭酸土類泉(カルシウム・マグネシウム・炭酸水素塩泉) 炭酸水素イオン、カルシウムイオン及びマグネシウムイオンを主成分とし含有総成分は1リットル中1000mg以上。他の成分と混合している場合が多い。 皮膚病、じんましん、アレルギー体質、胃腸病など。飲用:胃腸病、胃酸過多、糖尿病、痛風など。利尿作用も高い。 カルシウム・マグネシウムイオンは鎮静作用がある。石鹸はあまり泡立たないのが特徴。飲用すると利尿効果と尿酸の排出を促進させるので尿酸結石や膀胱炎にも効果がある。炭酸、食塩、芒硝などの成分が含まれていることが多い。 白浜温泉・崎の湯露天風呂(和歌山県)
長湯温泉・公衆浴場天満湯(大分県)
接岨峡温泉・接岨峡温泉会館(静岡県)
阿母ヶ平温泉(宮崎県)
炭酸泉(二酸化炭素泉) 1リットル中1000mg以上の遊離炭酸を含有し、固形成分は1000mgに満たないものをいう。泉温が上がると炭酸が気化して遊離するため、冷鉱泉や低温泉に多い。ガスが泡立っていたり、入浴すると肌に気泡が付着したりする。 炭酸ガスが皮膚を刺激し吸収を高め、毛細血管を拡張させ、血圧降下に降下絶大。飲用:胃酸の分泌を促し、胃腸病、肝臓病、糖尿病、痛風に効果。 ぬるい湯が特徴。飲む場合、炭酸ガスは空中に散じるので、湧出口から汲んですぐ飲用をする。時間が経つと効果が減少してしまう。炭酸ガスの効果で毛細血管を拡張させるので血液の循環を促して血圧を下げる効果がある。 長湯温泉・カニ湯(大分県)
堅田温泉・琵琶湖タワー(滋賀県)
酸性泉(単純酸性泉) 1リットル中水素イオンを1mg以上含有するもの。硫化水素、緑礬、明礬を含み、酸性緑礬泉、酸性明礬泉などと呼ばれる。ほとんどが無色か微黄褐色。 殺菌力がたいへん強いところから、皮膚病のうちでも特に水虫や湿疹などの細菌性の疾患に効果を上げる。 酸味がする。成分が濃いので皮膚がただれることが多く、昔から単純温泉や石膏泉などの湯を合わせて利用してきた。皮膚や粘膜を引き締める作用が強く、慢性の皮膚疾患など粘膜の炎症に利用されている。 蔵王温泉・大露天風呂(山形県)
草津温泉・西の河原露天風呂(群馬県)
塚原温泉・火口乃泉(大分県)
鉄泉(炭酸鉄泉、緑礬泉) 1リットル中、鉄イオン20mg以上を含むもの。ヒドロ炭酸イオンと結合した炭酸鉄泉と、硫酸イオンと結合した緑礬泉に分けられる。湧出時には澄んでいるが、空気に触れると酸化して錆色(褐色の沈殿物を生ずる)の濁った湯になる。 貧血、更年期障害、子宮発育不全、湿疹、神経痛、リウマチ。 飲用の場合は、湧出口の新しい湯を飲む。緑茶を併用すると体内で酸化するので注意。タオルが赤く染まる温泉。保温効果が高く、造血作用を促すので貧血症に効果がある。 硫黄谷温泉・霧島ホテル「庭園大浴場」(鹿児島県)
極楽温泉・極楽温泉旅館(宮崎県)
桃仙浴場(東京都)
放射能泉(ラジウム温泉) 1kg中にラドン100億分の20キュリー以上を含む。泉温が低い場合が多いので長時間入浴できる。ラドンによる疾患が発生する心配はない。 鎮静、循環器障害改善、血圧降下、更年期障害、不妊症、ノイローゼなど。 *吸入効果で気管支系に良い 泉温が低い場合が多い。ラドンは湧出後、空中に拡散していくので、新鮮な湯でないと効き目がない。また浴室を狭くさせているなど工夫したところもよくある。目で見えるわけでないので、一見したところ単純温泉とよく勘違いする。ちなみに放射能だからといって被爆するわけではないので安心を。 三朝温泉・河原風呂(鳥取県)
三朝温泉・株湯(鳥取県)
関金温泉・関乃湯(鳥取県)
池田ラジウム鉱泉・放泉閣(島根県)

(参考資料:外戸本2003年2月号、JTB東日本温泉案内)

もどる


Copyright(C)2012 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.