top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第666話おきなわ豊かな海づくりフェスタ
  <2011年11月13日>

第665話C−1ちゃたんB級グルメバトル
  <2011年11月12日>

第664話信州の秋旅
4日目 セントレア

  <2011年11月3日〜6日>

第663話信州の秋旅
3日目 妻籠宿・馬籠宿

  <2011年11月3日〜6日>

第662話信州の秋旅
2日目 天竜ライン下り

  <2011年11月3日〜6日>

第661話信州の秋旅
1日目 信州まつかわ温泉

  <2011年11月3日〜6日>

第660話首里城祭 万国津梁の灯火
  <2011年10月30日>

第659話首里城祭 琉球王朝絵巻行列
  <2011年10月30日>

第658話首里城祭 冊封儀式
  <2011年10月29日>

第657話漫湖のマングローブ
  <2011年10月28日>

第656話「空手の日」特別記念演武祭
  <2011年10月25日>

第655話全島旗頭フェスティバル
  <2011年10月23日>

第654話おきなわ山羊フェスティバル
  <2011年10月23日>

第653話沖縄の産業まつり
  <2011年10月22日>

第652話世界のウチナーンチュ大会 閉会式
  <2011年10月16日>

第651話世界のウチナーンチュ大会
  <2011年10月14日>

第650話那覇大綱挽まつり2011 - 2日目 大綱挽
  <2011年10月9日>

第649話那覇大綱挽まつり2011 - 1日目 パレード
  <2011年10月8日>

第648話真和志まつり
  <2011年10月2日>

第647話宮古島 3日目
 宮古馬

  <2011年9月28日〜30日>


       

 

第786話 『普天満宮洞穴』
2014年8月10日(日)



普天満宮 拝殿
普天満宮 拝殿


普天満宮 本殿
普天満宮 本殿


普天満宮 巫女
巫女さんが案内してくれる


普天満宮 奥宮
普天満宮洞穴 の 奥宮


普天満宮洞穴 鍾乳石
普天満宮洞穴 の 鍾乳石


普天満宮洞穴 鍾乳石
変わった形の鍾乳石


普天満宮洞穴 鍾乳石
巨大な石柱


我流家 醤油らぁ麺
我流家 の 醤油らぁ麺


 いろいろと忙しく、約1年ぶりの更新となりました。去年には沖縄に戻っており、これからは沖縄を本拠地として旅をしていきます。1年間の旅日記については順次公開していきたいと思います。


 復帰の初回として、普天満宮にお参りに行ってきました。

 『普天満宮(ふてんまぐう)』は、宜野湾市普天間にある神社で、琉球王国時代に『琉球八社(りゅうきゅうはっしゃ)』と呼ばれた8つの神社の1つです。

 国道330号線に『普天満宮洞穴』の案内板が出ていて、国道から数メートルのところに普天満宮があった。

 普天満宮の拝殿や本殿は、赤瓦の建物で、沖縄独特の雰囲気を出していた。

 普天満宮洞穴への行き方の案内が出ていなくて困ったが、巫女さんに聞いてみると、授与所で洞穴拝観の受付をすると巫女さんが案内してくれると言うことだ。(洞窟拝観は無料)

 住所と名前を書いて受付をすると、可愛い巫女さんが案内してくれた。

 拝殿の左側を奥に入っていくと、洞窟への通路の入り口があった。通路を出たところに普天満宮洞穴が大きな口を開けていて、中に奥宮が見えた。

 巫女さんの案内はここまでで、あとは自由に洞穴の探検をしていいようだ。

 普天満宮洞穴は全長が約280メートルで、地上からの入口は2箇所ある。

 中に入ってみると、きれいな形の鍾乳石が並んでいた。

 左右に穴が伸びているので、まずは右側に行ってみると、神秘的な通路が続き、少し行くと地上へのつながっていた。出口は通行できないように鍵がかかっていたので出ることはできなかった。

 戻って左側に行ってみた。

 左側の道は短く、巨大な石柱の裏までだったが、いろいろな形をした鍾乳石ががあって楽しかった。

 普天満宮洞穴は神秘的な場所で、鍾乳石の綺麗な鍾乳洞だった。


 お昼は琉球大学近くの我流家醤油らぁ麺を食べた。注文は、メニュー板ぶら下がっている小さな札を渡すという変わったシステムのお店だった。魚介系の旨味のつまったスープで、とても美味しかった。つけ麺も人気があるようなので、次回食べてみようと思う。



旅DATA





 第785話