top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




   

第746話糸満漁港の旧正月2013年
  <2013年2月10日>

第745話桜2013 与儀公園
  <2013年2月3日>

第744話桜2013 末吉公園
  <2013年1月27日>

第743話本部八重岳 桜まつり2013
  <2013年1月20日>

第742話中城村のコスモス
  <2013年1月13日>

第741話那覇市役所の新庁舎
  <2013年1月6日>

第740話2013年 初詣 波上宮
  <2013年1月3日>

第739話瀬長島
  <2012年12月31日>

第738話二見情話の里ミュージックライン
  <2012年12月24日>

第737話DFS GALLERIA沖縄 クリスマスツリー2012
  <2012年12月16日>

第736話沖縄イルミネーション2012 パレットくもじ
  <2012年12月9日>

第735話沖縄イルミネーション2012 牧志公設市場近辺
  <2012年12月9日>

第734話沖縄イルミネーション2012 さいおんスクエア
  <2012年12月9日>

第733話壺屋陶器まつり
  <2012年11月25日>

第732話おきなわ豊かな海づくりフェスタ2012 in糸満
  <2012年11月18日>

第731話首里城祭2012
 古式行列

  <2012年11月3日>

第730話首里城祭2012
 琉球王朝絵巻行列

  <2012年10月28日>

第729話那覇大綱挽まつり2012 - 2日目 大綱挽
  <2012年10月7日>

第728話那覇大綱挽まつり2012 - 1日目 パレード
  <2012年10月6日>

第727話奥武島 帆掛サバニレース
  <2012年9月23日>


     

 

第733話 『壺屋陶器まつり』
2012年11月25日(日)



壺屋陶器まつり
壺屋陶器まつり


防空壕
てんぶす那覇近くの防空壕


壺屋焼きの骨壺
壺屋焼きの骨壺


南窯
南窯


石巌當シーサー
石巌當シーサー


石垣の中のシーサー
石垣の中のシーサー


丸いシーサー
丸いシーサー


瓦の壁
瓦の壁


口から木シーサー
口から木のシーサー


生け垣シーサー
生け垣シーサー


旗頭
旗頭


 壺屋陶器まつりに行ってきた。

 壺屋は、那覇市の国際通り近くにあり、焼き物を作っているところだ。

 壺屋陶器まつりは、11月22日(木)から11月25日(日)まで壺屋小学校で行われていた。

 校庭にたくさんの焼き物の店が出店していた。

 壺屋やちむん通りを案内してくれる無料のガイドがあったので参加してみた。

 やちむん通りに向かう途中で、てんぶす那覇の前を通った。

 戦後に、てんぶす那覇の場所にアーニーパイル国際劇場という映画館が出来た為に、国際通りと呼ばれるようになったらしい。

 てんぶす那覇の道を奥に行くと、防空壕があった。金網に覆われていて、中はほとんど見えない状態だった。

 沖縄の骨壺は大きくて首里城に似た形をしている。よく見ると穴が開いている場所があるが、これは魂が通るための物らしい。

 焼き窯の南窯 (ふぇーぬかま)を見に行った。

 南窯 (ふぇーぬかま)は、1970年代まで使われていた窯だ。町中にあるため、煙の害で使わなくなったようだ。

 やちむん通りの近くの細い通りに入っていくと、いろいろなシーサーがいた。

 「石巌當」と書かれた変わったシーサーもいた。

 石垣の穴の中にもシーサーがいた。

 塀の上に丸いシーサーが・・・・
昔はツタに覆われていたシーサーだったが、今は新しい石塀の上に乗っていた。石積みが崩れてしまったため塀を作り直したようだ。昔と雰囲気が変わってしまっていた。

 <<昔のツタに覆われたシーサーの写真>>

 口から木が生えているシーサーもいた。

 シーサーに見え生け垣まであった。

 ガイドの案内で壺屋やちむん通りを散歩してみると、新たな発見があって楽しめて良かった

 壺屋陶器まつり会場に戻ると、旗頭をやって盛り上がっていた。




旅DATA





 第732話     第734話