top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第666話おきなわ豊かな海づくりフェスタ
  <2011年11月13日>

第665話C−1ちゃたんB級グルメバトル
  <2011年11月12日>

第664話信州の秋旅
4日目 セントレア

  <2011年11月3日〜6日>

第663話信州の秋旅
3日目 妻籠宿・馬籠宿

  <2011年11月3日〜6日>

第662話信州の秋旅
2日目 天竜ライン下り

  <2011年11月3日〜6日>

第661話信州の秋旅
1日目 信州まつかわ温泉

  <2011年11月3日〜6日>

第660話首里城祭 万国津梁の灯火
  <2011年10月30日>

第659話首里城祭 琉球王朝絵巻行列
  <2011年10月30日>

第658話首里城祭 冊封儀式
  <2011年10月29日>

第657話漫湖のマングローブ
  <2011年10月28日>

第656話「空手の日」特別記念演武祭
  <2011年10月25日>

第655話全島旗頭フェスティバル
  <2011年10月23日>

第654話おきなわ山羊フェスティバル
  <2011年10月23日>

第653話沖縄の産業まつり
  <2011年10月22日>

第652話世界のウチナーンチュ大会 閉会式
  <2011年10月16日>

第651話世界のウチナーンチュ大会
  <2011年10月14日>

第650話那覇大綱挽まつり2011 - 2日目 大綱挽
  <2011年10月9日>

第649話那覇大綱挽まつり2011 - 1日目 パレード
  <2011年10月8日>

第648話真和志まつり
  <2011年10月2日>

第647話宮古島 3日目
 宮古馬

  <2011年9月28日〜30日>


       

 

第650話 『那覇大綱挽まつり2011 - 2日目 大綱挽』
2011年10月9日(日)



久米西門の一番旗
久米西門の一番旗


那覇大綱挽まつり 大綱
車より大きな綱


那覇大綱挽まつり 旗頭の整列
14本の旗頭の整列


中山王 尚巴志 と 北山王 攀安知
中山王 尚巴志 と
北山王 攀安知

那覇大綱挽
大綱に繋がっている枝綱を引く


縄争奪戦の戦利品
縄争奪戦の戦利品


那覇大綱挽まつり 花火
花火


 那覇大綱挽まつりの2日目は、大綱挽(おおつなひき)があるので行ってみる事にした。

 大綱挽の前には国際通りで旗頭のパレードがあった。

 今年、久米西門の一番旗が、150年前の文献から復元されたようだ。パレードの一番最後にその旗があった。紫色の龍の頭だった。

 旗頭が終わった後は大綱挽だ。大綱挽は、国道58号線を通行止めにして行われる。

 綱は43トン、200メートルあって簡単に動かせないので、初めから道路の中央に設置してあった。車よりも大きな綱だ。

 毎年、少しずつ大きくしているようだ。去年まではギネスに乗っていたが、どうやら今年は韓国で50トン、250メートルの綱が登場したらしい。

 去年は綱挽きを見ているだけだったが、楽しそうなので、今年は参加することにした!!

 <<2010年の那覇大綱挽>>

 綱引きの前には、お偉いさんの挨拶や、旗頭の整列などがあった。

 綱挽きは、大きな綱から出ている直径10cmの綱をみんなで引く。

 まずは大綱の準備で、『みーんな(女綱)』と『をぅーんな(男綱)』の2本の綱を、真ん中の交差点まで移動して『かぬちぼう(頭貫棒)』で接続された。

 綱の両端から、中山王 尚巴志北山王 攀安知が出てきて真ん中で決闘があった。中央にぶら下がってるくす玉が割られた。

 その後、綱引きが開始になった。

 大綱の上に乗っているリーダーに合わせて引くが、綱は長いので、前と後ろでタイミングが合っていなかったようだ。綱は動いていか分からなかった。

 今年は30分ほど引き合ったが、西・東の引き分けで終わった。

 人が密集した中で、押しつぶされそうになりながら力一杯引いていたのですごく疲れたが、楽しかった。

 西に20cmほど動いたようだ。重すぎて動かないのではないだろうか・・・・。

 終了後は、カチャーシーの音楽が始まった。本来はみんなで楽しく踊って綱挽きは終了なのだが、みんな、それどころではなく縄の争奪戦が始まった。

 綱は、玄関に飾ると無病息災のお守になるので、ハサミ等で切って持ち帰るのだ。

 音楽が終わるまで誰も踊っていなく、縄争奪戦を繰り広げていた。

 太郎も、自分が引いていた綱を入手する事が出来た。

 20時から花火打ち上げがあったので、また家の屋上から見ていた。




旅DATA





 第649話     第651話