top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第666話おきなわ豊かな海づくりフェスタ
  <2011年11月13日>

第665話C−1ちゃたんB級グルメバトル
  <2011年11月12日>

第664話信州の秋旅
4日目 セントレア

  <2011年11月3日〜6日>

第663話信州の秋旅
3日目 妻籠宿・馬籠宿

  <2011年11月3日〜6日>

第662話信州の秋旅
2日目 天竜ライン下り

  <2011年11月3日〜6日>

第661話信州の秋旅
1日目 信州まつかわ温泉

  <2011年11月3日〜6日>

第660話首里城祭 万国津梁の灯火
  <2011年10月30日>

第659話首里城祭 琉球王朝絵巻行列
  <2011年10月30日>

第658話首里城祭 冊封儀式
  <2011年10月29日>

第657話漫湖のマングローブ
  <2011年10月28日>

第656話「空手の日」特別記念演武祭
  <2011年10月25日>

第655話全島旗頭フェスティバル
  <2011年10月23日>

第654話おきなわ山羊フェスティバル
  <2011年10月23日>

第653話沖縄の産業まつり
  <2011年10月22日>

第652話世界のウチナーンチュ大会 閉会式
  <2011年10月16日>

第651話世界のウチナーンチュ大会
  <2011年10月14日>

第650話那覇大綱挽まつり2011 - 2日目 大綱挽
  <2011年10月9日>

第649話那覇大綱挽まつり2011 - 1日目 パレード
  <2011年10月8日>

第648話真和志まつり
  <2011年10月2日>

第647話宮古島 3日目
 宮古馬

  <2011年9月28日〜30日>


       

 

第647話 『宮古島 3日目 宮古馬』
2011年9月28日(水)〜30日(金)



オッパイ山
オッパイ山


東平安名崎
東平安名崎


宮古島地下ダム資料館
宮古島地下ダム資料館


川満マングローブ
川満マングローブ


ばっしらいん 宮古そば 海ぶどう丼セット
ばっしらいん の
宮古そば 海ぶどう丼セット

宮古島市熱帯植物園
宮古島市熱帯植物園


宮古島市総合博物館
宮古島市総合博物館


雪塩製塩所
雪塩製塩所


雪塩の製塩施設
雪塩の製塩施設


島尻マングローブ林
島尻マングローブ林


島尻マングローブ林
石橋があった
(島尻マングローブ林)

宮古馬
宮古馬

味のみやこ 沖縄風チャンポン
味のみやこ の
沖縄風チャンポン


 3日目は宮古島でまだ見ていない観光ポイントをまわる事にした。

 地図に『オッパイ山』と書いてあったので行ってみた。丸い山が2つあった・・・・。ちょっと間が離れすぎている気がするが・・・・。

 昨日行った『東平安名崎』が綺麗に見える場所があるようなので再度行ってみた。

 東平安名崎に行く途中で左に曲がって、少し登っていった所に車を止めて、歩いていくと、半島が綺麗に見える高台に出た。青い海に飛び出た細長い『東平安名崎』は、すごく綺麗だった。

 次は『宮古島地下ダム資料館』に行ってみた。

 宮古島には川はなく、雨水は地中に染み込んでしまうらしい。水は地下を流れるので、地下の固い岩盤の上に地下のダムを造って水を貯めている。宮古島には地下ダムが何カ所かあるようだ。

 『宮古島地下ダム資料館』では、地下ダムの作り方の説明を見ることが出来た。普通のダムに比べたら作るのが簡単そうだった。

 今年は石垣島で水不足による断水があったが、宮古島では断水になる事はないらしい。

 次は『川満マングローブ』に行って、遊歩道が海の方まで続いていたので散歩してみた。満ち潮でマングローブが水没している状態で、あまりマングローブらしさが見えなかった。

 お昼は、空港近辺に行って、地元の人向けのファミリーレストラン『ばっしらいん』に行ってみた。『宮古そば 海ぶどう丼セット』を食べてみた。海ぶどうにドレッシングっぽいのを掛けて食べたが、意外と美味しくて満足した。とぅじ(妻)はカツにチリソースが乗った『チリカツ丼』を食べていた。

 『ばっしらいん』とは、宮古島の言葉で『忘れられない』と言う意味らしい。なかなか印象的な食べ物だった。

 お昼を食べた後は、『宮古島市熱帯植物園』に行ってみた。広大な敷地にいろいろな植物が植えてあった。『宮古島市体験工芸村』にもなっていて、いろいろな体験工房もあった。

 近くに『宮古島市総合博物館』があったので行ってみた。宮古島の民族的な物や、自然の物が展示してあった。

 次は西平安名崎の根本にある『雪塩製塩所』に行ってみた。

 入口に巨大な『雪塩』のオブジェが置いてあって楽しかった。雪塩の製塩施設も見てみたが、意外と小さな建物で作っていて驚いた。

 次は『島尻マングローブ林』に行ってみた。遊歩道を歩いていくと、マングローブ林が広がっていた。けっこう長い遊歩道で、途中には石造りの立派な橋もあった。

 こっちのマングローブは、引き潮だったので、海面から出ていて、たこ足みたいな木の根が見えていた。土の上にはたくさんのカニがはっていた。

 時間が余ったので適当に走っていると、『宮古馬』を発見した。

 『宮古馬』は日本の在来馬で、宮古島に生息していた馬だ。サラブレッドに比べてかなり小さい馬だが、茶色の綺麗な馬だった。

 日本在来馬は、『道産子』、『木曽馬』、『御崎馬』、『トカラ馬』、『与那国馬』などがいる。沖縄は与那国島に『与那国馬』がいるので、機会があったら見に行きたいと思う。

 放牧地の宮古馬を少しの間見ていたが、ず〜っと下を向いて、草をボリボリ食べていた。ボリボリと音を出しながら・・・・。

 夕飯は『味のみやこ』に行った。『沖縄風チャンポン』があったので食べてみた。『沖縄風チャンポン』は、長崎と違い、ご飯の上に野菜が乗っている。薬草やハーブが入っていて、変わった風味で美味しかった。

 レンタカーを返却して宮古空港に向かった。時間があったので空港内を散策していると、到着ロビーで『宮古島まもる君』を発見した。来たときには気が付かなかった。。。。

 20時30分発のスカイマークで那覇に飛んだ。窓際の席に座ったが、真っ暗で綺麗な海は見えなかった。


 宮古島は、のんびりとして良い島だった。島内を走ってみると、けっこうサトウキビ畑が多かった。市街地は予想以上に栄えていて、人が意外と多いのに驚いた。

 海が綺麗だったので、次に行くときにはサンゴ礁の海を思いっきり泳いでみたいと思う。片道2800円で行けるようになったので気軽に行けるようになって嬉しい。



旅DATA



<<車>>
9月30日  8時34分 ホテル発
9月30日 18時47分 宮古空港着
走行距離   114km

<<飛行機>>
9月30日 20時30分 宮古空港発
9月30日 21時20分 那覇空港着
飛行距離  約280km



全DATA



走行距離

1日目(9/28) : 139km(宮古島)
2日目(9/29) : 142km(宮古島,伊良部島,下地島)
3日目(9/30) : 114km(宮古島)
--------------------------------------
合計     : 395km


 第646話     第648話