top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第646話宮古島 2日目(3)
 東平安名崎

  <2011年9月28日〜30日>

第645話宮古島 2日目(2)
 下地島

  <2011年9月28日〜30日>

第644話宮古島 2日目(1)
 伊良部島

  <2011年9月28日〜30日>

第643話宮古島 1日目後半
 来間島

  <2011年9月28日〜30日>

第642話宮古島 1日目前半
 宮古島まもる君

  <2011年9月28日〜30日>

第641話保栄茂 大豊年祭
  <2011年9月24日>

第640話国際通りに巨大シーサー出現
  <2011年9月23日>

第639話沖縄最大の福地ダム
  <2011年9月21日>

第638話奥武島
  <2011年9月20日>

第637話真栄里大綱引き
  <2011年9月13日>

第636話糸満大綱引
  <2011年9月12日>

第635話首里城 中秋の宴
  <2011年9月11日>

第634話ちゃたん恵み温泉「美浜の湯」
  <2011年9月7日>

第633話なは青年祭
  <2011年9月4日>

第632話那覇うみそらトンネル
  <2011年8月28日>

第631話波上宮
  <2011年8月27日>

第630話沖縄全島エイサーまつり
  <2011年8月21日>

第629話読谷補助飛行場跡
  <2011年8月16日>

第628話夏祭りin那覇『一万人のエイサー踊り隊』 2011
  <2011年8月7日>

第627話栄町市場
  <2011年7月31日>


       

 

第645話 『宮古島 2日目(2) 下地島』
2011年9月28日(水)〜30日(金)



中の島ビーチ
中の島ビーチ


帯岩
帯岩


通り池
通り池


下地島パイロット訓練飛行場
下地島パイロット訓練飛行場


魚垣
魚垣


佐和田の浜
佐和田の浜


フナウサギバナタ
フナウサギバナタ


フナウサギバナタの海岸
フナウサギバナタの海岸


長い階段の下にサバ沖井戸
長い階段の下にサバ沖井戸


サバ沖井戸
サバ沖井戸


伊良部島 宮古島まもる君
宮古島まもる君発見!!
伊良部島にもいた


 伊良部島から下地島に渡った。

 島と島の間の距離は短いので、橋であっという間に下地島に渡れてしまった。

 『下地島(しもじじま)』には『下地島パイロット訓練飛行場』がある。国内唯一のパイロット訓練用の飛行場で3000メートルの滑走路がある。

 下地島を1周してみる事にした。

 飛行場の西側に行ってみると、『中の島ビーチ』があった。青い海が気持ちよさそうだった。

 次に『帯岩(おびいわ)』に行ってみた。

 車で狭い道を入っていくと、鳥居の向こうに巨大な岩があった。江戸時代に大津波で打ち上げられた岩らしい。高さが12メートルもある大岩が海から運ばれたのは驚きだ。今では御神体として崇められているようだ。

 次は下地島で一番の見所と思われる『通り池(とおりいけ)』に行ってみた。

 車を止め遊歩道を歩いていくと、丸い穴が2つ開いていて、穴の中には青い水が貯まっていた。すぐ近くに海があって不思議な光景だった。

 さらに奥に歩いていくと、もう1つ穴があるようなので行ってみた。遊歩道が途中で壊れていたが、とげとげの琉球石灰岩の上を歩いて行ってみた。3つ目の穴は深い穴で、のぞき込んで見ると、海と繋がっていて波が打ち寄せっていた。

 『下地島パイロット訓練飛行場』の近くに行ってみた。訓練があれば飛行機を近距離で見れるのだが、この日はやっていなかったようだ。飛行機も何も見えなくて残念だった。

 下地島と伊良部島の間に広がる『佐和田の浜(さわだのはま)』には、たくさんの岩が転がっていて面白い風景だった。誰かがばらまいたような感じだった。

 岩は、江戸時代の大津波で打ち上げられたものらしい。

 浜の隅には、『魚垣(ながき)』と呼ばれる干潮時に取り残された魚を捕る仕掛けがあった。

 伊良部島に戻り、海沿いに走っていった。

 『フナウサギバナタ』に寄ってみた。

 『フナウサギバナタ』は『船を見送る岬』という方言のようだ。タカ科の『サシバ』という鳥のの形をした展望台があった。

 かなり立派な展望台だった。見晴らしの良い岸壁の上にあり、崖下には、綺麗な海が広がっていた。

 次は『サバ沖井戸』に行ってみた。

 130段くらいの階段を下りていくと、海のすぐ横に丸い井戸があった。海の真横に井戸があるのが不思議だった。
かなりゴミが流れ着きやすい場所のようで、発泡スチロールや流木が散乱していた。

 フェリーの時間までまだ余裕があったので、伊良部島を半周してみた。

 なんと、伊良部島でも『宮古島まもる君』を発見した。名前が『宮古島まもる君』なのに、伊良部島でも働いているようだ。

 15時20分のフェリーで伊良部島を離れ、宮古島に向かった。

 綺麗な海と、『通り池(とおりいけ)』や『佐和田の浜(さわだのはま)』なんて変わった風景を見れたので行って良かった。

 次に伊良部島に行くときは、伊良部大橋で行くことになろうだろう。


    2日目の続きへ



旅DATA



<<車(宮古島)>>
9月29日  8時03分 ホテル発
9月29日  8時44分 平良港着
走行距離   7km

<<フェリー>>
平良港(10:02) → 佐良浜港(10:27) (約7km)

<<車(伊良部島・宮古島)>>
走行距離 57km

<<フェリー>>
佐良浜港(15:20) → 平良港(15:50) (約7km)

<<車(宮古島)>>
9月29日 15時53分 平良港発
9月29日 19時58分 ホテル着
走行距離  78km



全DATA



走行距離

1日目(9/28) : 139km(宮古島)
2日目(9/29) : 142km(宮古島,伊良部島,下地島)
3日目(9/30) : 114km(宮古島)
--------------------------------------
合計     : 395km


 第644話     第646話