top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第626話浦添てだこまつり
  <2011年7月23日>

第625話海洋博公園サマーフェスティバル2011
  <2011年7月16日>

第624話さいおんスクエア
 まちびらきまつり

  <2011年7月9日>

第623話闘牛&エイサー
  <2011年7月3日>

第622話琉球ガラス村
  <2011年6月25日>

第621話海中道路から伊計島へ
  <2011年6月18日>

第620話勝連城
  <2011年6月12日>

第619話糸満ハーレー
  <2011年6月5日>

第618話オリオンハッピーパーク
  <2011年5月27日>

第617話古宇利島
  <2011年5月21日>

第616話轟の滝
  <2011年5月15日>

第615話比地大滝
  <2011年5月8日>

第614話那覇ハーリー
  <2011年5月5日>

第613話渡久地港
 カツオのぼり

  <2011年5月4日>

第612話慶佐次湾のヒルギ林
  <2011年4月24日>

第611話首里城ライトアップ
  <2011年4月22日>

第610話琉球海炎祭2011
  <2011年4月16日>

第609話ポッポ市
  <2011年4月9日>

第608話壺屋でシーサーの日!
  <2011年4月3日>

第607話沖縄国際映画祭
 クロージングセレモニー

  <2011年3月27日>


       

 

第636話 『糸満大綱引』
2011年9月12日(月)



糸満大綱引 道ズネー
道ズネー


糸満大綱引 道ズネー
ノコギリや斧をもって踊ってた


糸満大綱引 大綱
糸満大綱引 の 大綱


糸満大綱引 旗頭
綱引前に旗頭が整列


糸満大綱引
両側から支度(シタク)の登場


糸満大綱引
糸満大綱引
綱の上の人のかけ声で引く

糸満大綱引
綱に乗って休憩


 糸満市で『糸満大綱引』があったので行ってみる事にした。

 『糸満大綱引(いとまんおおつなひき)』は、旧暦8月15日に行われるので、今年は平日の月曜日の開催だった。五穀豊穣、大漁祈願、家内安全、無病息災を願って、南北に分かれて行う綱引きだ。

 『那覇大綱挽(なはおおつなひき)』、『与那原大綱曳(よなばるおおつなひき)』と合わせて、『沖縄三大大綱引き』と呼ばれているようだ。

 大綱引は午後5時から行われるが、その前に2時から『道ズネー』をやっていた。

 『道ズネー』は、エイサーや舞踊や、ダンス等のパレードで、いろいろな踊りがあって面白かった。

 ノコギリや、斧をもって踊っている団体もあって面白かった。

 大綱はかなり大きく、重さは10トンあり、長さは『雄綱(ウージナ)』、『雌綱(ミージナ)』合わせて180メートルにもなる。大綱は、『衆人綱(スニンジナ)』とか、『万人綱(マンニンジナ)』と呼ばれるそうだ。

 大綱引の前には、全ての旗頭が整列した。10本くらい並んでいた。

 その後に綱引きの準備が始まった。綱引きは『雄綱』『雌綱』と呼ばれる2本の綱を、片端の輪になった部分をカヌチ棒で結合して行われる。綱が大きいので移動や、結合にすごく時間が掛かっていた。

 綱の準備が出来ると、両端から『支度(シタク)』と呼ばわれる伝説上の人物が戸板に乗って登場した。

 綱引きは、10メートル引くと勝ちで、30分で勝負が付かなかったときは、2メートル引いている方の勝ちだ。戦前は時間制限がなったらしく、勝負がつくまで夜中まで時間がかかるので交代で夕飯を食べお風呂に入っていた事もあったらしい。

 糸満の綱引きは那覇の綱引きとは違って、制限時間まで綱を引き続けるのではなく、途中途中に休憩を入れて綱を引くみたいだ。

 綱の上に合図を出す人が乗っていて、綱を引くタイミングを調整していた。

 休憩の間は、相手に引かれないように綱に座って重くして動かないようにしていた。

 相手との駆け引きで、タイミングをみて休憩を入れてやっているのが面白かった。

 10メートルの差が出来なくて、30分で時間切れになった。結果は、2.9メートル引いていた北の勝ちだった。


 変わっていて面白い綱引きだった。
平日なのに大勢の人が来ていたのには驚いた。3万人ほどいたようだ。




旅DATA





 第635話     第637話