top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第626話浦添てだこまつり
  <2011年7月23日>

第625話海洋博公園サマーフェスティバル2011
  <2011年7月16日>

第624話さいおんスクエア
 まちびらきまつり

  <2011年7月9日>

第623話闘牛&エイサー
  <2011年7月3日>

第622話琉球ガラス村
  <2011年6月25日>

第621話海中道路から伊計島へ
  <2011年6月18日>

第620話勝連城
  <2011年6月12日>

第619話糸満ハーレー
  <2011年6月5日>

第618話オリオンハッピーパーク
  <2011年5月27日>

第617話古宇利島
  <2011年5月21日>

第616話轟の滝
  <2011年5月15日>

第615話比地大滝
  <2011年5月8日>

第614話那覇ハーリー
  <2011年5月5日>

第613話渡久地港
 カツオのぼり

  <2011年5月4日>

第612話慶佐次湾のヒルギ林
  <2011年4月24日>

第611話首里城ライトアップ
  <2011年4月22日>

第610話琉球海炎祭2011
  <2011年4月16日>

第609話ポッポ市
  <2011年4月9日>

第608話壺屋でシーサーの日!
  <2011年4月3日>

第607話沖縄国際映画祭
 クロージングセレモニー

  <2011年3月27日>


       

 

第614話 『那覇ハーリー』
2011年5月5日(木)



那覇ハーリー会場
ミニ遊園地が出現


那覇ハーリー
300メートルに渡って
観客がいっぱい

ハーリー
ハーリー


地デジカ
地デジカが来ていた


テツ&トモ
テツ&トモ


御願バーリー
御願バーリー


本バーリー
本バーリー


オレンジレンジ
オレンジレンジ


音と光のファンタジー
音と光のファンタジー


 『第37回那覇ハーリー』に行ってきた。

 『那覇ハーリー』は、ゴールデンウィークの3日から5日の3日間行われる那覇市の行事で、海上での競漕とあわせて、陸では多彩な催し物がある。

 最終日(5月5日)が、一番面白そうなので行ってみた。

 午前中から雨だったが、大勢の人が来ていた。午後は、雨が降ったりやんだりしていた。

 会場にはたくさんの出店があり、ミニ遊園地まで出来ていた。ステージは、メインステージとサブステージがあり、いろいろとイベントが行われて盛り上がっていた。

 『ハーリー』は3隻の『爬龍船(はりゅうせん)』が海上でゴールを目指して競争する競技だ。那覇港新港ふ頭で競争が行われていた。300メートルほどのふ頭に、観客が集まって応援していた。

 左にスタート地点があり、右に行って、折り返してスタート地点に戻ってゴールだ。直線が早くても、折り返しの時にうまくいかない船もあって面白かった。

 外人チームや女性だけのチームもあった。

 メインステージで行われた『日本全国地デジで元気!』では、『テツ&トモ』や『地デジカ』が来ていた。『テツ&トモ』は、地デジのあるあるネタをしていた。

 夕方からは晴れてきて、日焼けするくらいの天気になった。

 16時からは、『ハーリー一般競争』の決勝戦が行われ、その後がメインの『御願バーリー』と、『本バーリー』だった。

 『御願バーリー(うがんばーりー)』は、豊漁を祈願するためのもので、各船がハーリー歌に合わせてパレードをする。船には、『漕ぎ手』以外に、『鐘打ち』、『舵取り』、『旗持ち』などが乗っている。

 『本バーリー』は、青い船に『那覇』、黒い船に『泊(とまり)』、黄色の船に『久米(くめ)』の代表の3隻で競い合った。

 結果は『泊(とまり)』の黒い船が圧倒的強さで勝った。

 『本バーリー』の後は、メインステージで県内出身者による音楽ライブにたくさんの人が集まっていた。ライブには『シベリアンスカンク』と『オレンジレンジ』が歌った。

 会場は熱気に包まれて驚くほど盛り上がっていた。道を歩けないほど人が集まり大変だった。

 最後は、『音と光のファンタジー』で、音楽に合わせて花火が打ち上がった。

 立ちっぱなしで疲れたが、かなり満足した一日だった。



旅DATA





 第613話     第615話