top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第586話伊平屋島
2日目(1) 伊平屋島(後半)

  <2011年1月31日〜2月1日>

第585話伊平屋島
1日目(2) 伊平屋島(前半)

  <2011年1月31日〜2月1日>

第584話伊平屋島
1日目(1) 名護城の桜

  <2011年1月31日〜2月1日>

第583話大湿帯の梅の花
  <2011年1月28日>

第582話やちむん通り
  <2011年1月27日>

第581話桜2011
 本部八重岳

  <2011年1月25日>

第580話那覇基地 エアーフェスタ
  <2011年1月23日>

第579話セルスタウエディング
  <2011年1月22日>

第578話沖縄イルミネーション あしびなー
  <2011年1月20日>

第577話座喜味城
  <2011年1月18日>

第576話沖縄イルミネーション 牧志公設市場
  <2011年1月14日>

第575話斎場御嶽
  <2011年1月13日>

第574話沖縄県立博物館・美術館
  <2011年1月6日>

第573話首里城 新春の宴
  <2011年1月2日>

第572話2011年 初詣
 護国神社

  <2011年1月1日>

第571話沖縄イルミネーション2010 アメリカンビレッジ
  <2010年12月27日>

第570話沖縄イルミネーション2010 糸満観光農園
  <2010年12月23日>

第569話DFSギャラリア・ 沖縄
  <2010年12月22日>

第568話琉球村
  <2010年12月17日>

第567話沖縄イルミネーション2010 カヌチャリゾート
  <2010年12月9日>


       

 

第577話 『座喜味城』
2011年1月18日(火)




座喜味城



美しい曲線の石垣







一の郭 の 殿舎跡



くさび石 (アーチ中央)



あだんの実 の 塩ソーキそば (Gala青い海)


てぃだかんかん



塩の博物館
(Gala青い海)


 良い天気だったので、『座喜味城(ざきみじょう)』に行ってみた。

 『座喜味城(ざきみじょう)』は、世界遺産に登録されているが、無料で自由に出入りできる場所だった。管理人もいないので、こんなので良いかと思うくらいだ。

 建物は無く、石垣だけが残っていた。小高い丘の上にあるので、まわりに綺麗な海が見えていた。

 石垣は、美しい曲線を描いていてきれいだった。

 石門の上のアーチの部分に『くさび石』がはめられているのは、他のグスクではないようだ。

 座喜味城の散歩にはそれほど時間がかからなかったので、近くにある『Gala青い海』に行ってみた。『むら咲むら』の奥に入っていくと海のそばにある、塩作り体験や陶芸体験などができるところだ。

 『Gala青い海』の中にある『あだんの実』というレストランでに『塩ソーキそば』があったので食べてみた。

 塩味のスープが、絶妙な塩加減でとても美味しかった。

 とぅじ(妻)が『塩そば』を食べていたので味見してみたら、焼いた三枚肉の味が加わって、『塩ソーキそば』よりも更に美味しかった。

 『塩味の沖縄そば』は初めてだったが、凄く気に入った。

 ※今まで『妻』の事を、『いなぐー』と書いていたが、『とぅじ』が正しかったので、今後は『とぅじ』と書きます。

 『Gala青い海』の一角に『SeaSeed』というお店がある。そこは、サンゴの養殖と移植活動をしている所で、その話が2010年4月に映画化されている。『てぃだかんかん』という映画で、養殖サンゴの移植と産卵にがんばった金城浩二さんの話だ。

 『塩の博物館』があったので入ってみると、巨大な塩の固まりが展示されていてすごかった。

 帰りに『象のオリ』を見に行った。円柱状の巨大なアンテナ施設で、正式名称は楚辺通信所(そべつうしんじょ)というが、見つけることが出来なかった。

 家に帰ってから調べてみると、アメリカから返還された後、2007年に取り壊されて、今は何も残っていないようだ。面白い建築物がなくなってしまって残念だ。



旅DATA



走行距離   81km

高速道路使用区間
那覇IC → 沖縄南IC


 第576話     第578話