top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




     

第166話沖縄
 2日目 西表島

  <2005年4月16日〜18日>

第165話沖縄
 1日目 石垣島

  <2005年4月16日〜18日>

第164話栃木 桜めぐり
  <2005年4月9日>

第163話上野公園の桜
  <2005年4月2日>

第162話寸又峡
  <2005年3月26日>

第161話喜多方・白河
  <2005年3月21日>

第160話伊香保温泉
  <2005年3月12日>

第159話養老渓谷
  <2005年3月5日>

第158話グアム
  <2005年2月26日〜28日>

第157話黒磯
  <2005年2月19日>

第156話氷瀑 - 千波の滝
  <2005年1月29日>

第155話氷瀑 - 中止の滝
  <2005年1月22日>

第154話諏訪大社上社本宮
  <2005年1月15日>

第153話冬の 丸神の滝
  <2005年1月10日>

第152話日光 白糸の滝
  <2005年1月9日>

第151話四国・九州
 8,9日目 尾道

  <2004年12月28日
    〜2005年1月5日>


第150話四国・九州
 7日目 本土最西端

  <2004年12月28日
    〜2005年1月5日>


第149話四国・九州
 6日目 熊本城

  <2004年12月28日
    〜2005年1月5日>


第148話四国・九州
 5日目 初日の出

  <2004年12月28日
    〜2005年1月5日>


第147話四国・九州
 4日目 雪からの逃走

  <2004年12月28日
    〜2005年1月5日>



       

 

第166話 『沖縄 2日目 西表島』
2005年4月16日(土)〜18日(月)




サザンクロス3号



サキシマスオウノキ



ピナイサーラの滝



マングローブ



マリュドゥの滝



カンビレーの滝



ポットホール



月ヶ浜 の 鳴き砂



新八食堂 の ソーキそば



星砂の浜



星砂の浜 の 星砂



忘勿石付近の岩



トーフちゃんぷる定食


 2日目は西表島に渡って滝百選のマリュドゥの滝に挑戦だ!!

 7時発のフェリーに乗るために早起きをしたが、日の出が6時半頃なので薄暗かった。空が曇っていてパッとしない天気だ。

 西表島の大原まではフェリーで40分だ。島々の間を通って進んで行く。

 西表島に着くと、レンタカーを借りてマリュドゥの滝のある島の反対側に向かった。島に渡るときに近くまで行くフェリーに乗ればいいのだが、朝早いフェリーがなかったのだ。

 途中で古見のサキシマスオウノキがある所に寄ってみた。川の近くにサキシマスオウノキが沢山生えている所があった。サキシマスオウノキは根が板みたいになっている面白い木だ。松島奈々子出演の生茶のCMに出てくる木だ。いろいろ面白い形をしている木が多かった。

 走って行くと船浦橋の手前の所から、ピナイサーラの滝が見えていた。潮が引けば干潟を歩いて行けるようだ。行ってみたかったが、今回はマリュドゥの滝が優先なので先に進んだ。

 マリュドゥの滝は浦内川を船で8kmほど登ってから、山道を歩いて行く。60人乗りくらいのボートで川を登って行った。ガイドをしてくれて、マングローブや珍しい植物を見ながら進んでいった。カンムリワシが飛んで行くのも見えた。

 軍艦岩から歩きだ。30分ほど歩くと展望台があった。

 『マリュドゥの滝だ!!』 滝百選制覇なのですごく感動した。

 先に進むとマリュドゥの滝の近くに行けるので行ってみた。滝の上から岩を下っていくと滝の中断まで行けた。一番下までは下りれないので、近くから滝全体を写真に納めるのは無理だった。

 マリュドゥの滝の上流に10分ほど歩いていくとカンビレーの滝があった。岩の斜面を流れ落ちる滑滝だ。カンビレーとは「神々が座するところ」と言う意味があるらしい。

 カンビレーの滝の周辺にはポットホールと言われるまん丸の穴がいくつも開いていた。穴は深くて底が見えないほどだった。

 帰りの船の時間が決まっているので急いで軍艦岩に向かった。

 船で帰ってくると12時半だった。最大の目的は達成したので後は島を適当にまわってみる事にする。とりあえず西に進んでみた。

 白浜に東経123度45分6789秒の子午線モニュメントがあった。ハンディGPSを見たが、測地系が違うのか東経123度45分02.2秒(WGS84)になっていた。

 白浜から先は道がないのでUターンして島の反対側に向かった。

 月ヶ浜に寄ってみた。鳴き砂のある砂浜のようなので期待して行った。砂の上を普通に歩いていたのだが音はしなかった。足の裏を擦るように歩いてみると『キュッ、キュッ』と音がした。初めて鳴き砂の音を聞けたので感動で、歩き回って遊んでいた。

 腹が減って来たのでまた 八重山そば を食べに行った。新八食堂で ソーキそば を食べた。腹が減っていたこともあり、すごく美味しかった。空の小皿が出てきたので何かと思ったが、ソーキそばを食べてみて分かった。骨を入れるものだったようだ。

 昼飯の後は星砂の浜に行った。土産物屋で小ビンを買ってから砂浜に行った。砂を見ると、星の形をした物がいっぱい混ざっている。始めは星砂だけ小瓶に入れようと思ったのだが、10個も拾わないうちに音を上げて混ざったままの砂を入れてきた。

 島の南に向かって走って行くと、船浦でヒッチハイクをやっている人を見付けた。乗せてあげると外国人で、「オーハラ。オーハラ。」と言っていたので連れて行ってあげた。英語はよく分からなかったが、仲間川のボートに乗りたかったようだ。

 「もともり工房」でキーホルダーを買うと、店のおじさんが忘勿石というところを教えてくれたので行ってみた。走っていくと大雨が降ってきた。マリュドゥの滝に行ったときに降らなくて助かった。

 砂浜を歩いて行くと、ノコギリみないになっている岩があった。どこが忘勿石か分からなかったが、いろいろと面白い形の岩があって楽しめた。

 ふと時間を見ると、フェリーに乗るまで時間がない。帰りは船浦からのフェリーに乗るので急いで戻って行った。やっぱり1日で西表島を見つくすのは無理だった。3日は欲しいところだ。

 レンタカーを返して船浦港に行くと時間外なのに船がいたので乗ってみた。すごく揺れて、エンジン音もうるさくて、拷問みたいで大変だった。あんなに恐ろしい船は始めてだった。

 石垣島に戻ると、お土産の買い出しに出た。買い物をした後、夕飯を食べに行った。「パパイヤちゃんぷる」を見付けたので入ってみたが売り切れだったので「トーフちゃんぷる」を食べておいた。

 その後は疲れはてていたのでホテルに戻ってのんびりしていた。


    3日目へ



<<マリュドゥの滝 フォトギャラリー>>





旅DATA



<フェリー>
 4月17日  7時00分 石垣港発
 4月17日  7時40分 大原港着

 4月17日 16時30分 船浦港発
 4月17日 17時06分 石垣港着

<車>
 走行距離   153km





全DATA


飛行機の部分はGPSの記録ではなく適当です。




 第165話     第167話