top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




   

第86話四国滝巡り
 5日目(5月3日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第85話四国滝巡り
 4日目(5月2日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第84話四国滝巡り
 3日目(5月1日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第83話四国滝巡り
 2日目(4月30日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第82話四国滝巡り
 1日目(4月29日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第81話日本一のモミの木
  <2004年4月24日>

第80話塩原滝巡り
  <2004年4月17日>

第79話両神山 七滝沢
  <2004年4月10日>

第78話埼玉桜巡り
  <2004年4月4日>

第77話
  <2004年3月27日>

第76話フィットの初旅
  <2004年3月20日〜21日>

第75話新しい旅の友
  <2004年3月18日>

第74話レビン最後の旅
  <2004年3月13日>

第73話中国地方滝巡り
 3日目 まだ雪!!

  <2004年3月6日〜8日>

第72話中国地方滝巡り
 2日目 雪!雪!!雪!!!

  <2004年3月6日〜8日>

第71話中国地方滝巡り
 1日目 雪!!

  <2004年3月6日〜8日>

第70話河津桜
  <2004年2月28日>

第69話栃木滝巡り その2
  <2004年2月22日>

第68話氷瀑巡り その4
  <2004年2月15日>

第67話氷瀑巡り その3
  <2004年2月11日>


     

 

第72話 『中国地方滝巡り 2日目 雪!雪!!雪!!!』
2004年3月6日(土)〜8日(月)




辺り一面真っ白



左に行くと龍頭八重滝
雪で入れない



この先が常清滝
坂を上れない・・・・



寂地峡五竜の滝
竜尾の滝



寂地峡五竜の滝
竜頭の滝



宇佐八幡宮



錦帯橋と岩国城



梅の花と岩国城


 2日目は龍頭八重滝常清滝寂地峡五竜の滝に行く予定です。

 朝起きてみると雪が降っていて真っ白になっていました。前日は雪がなかったのにビックリです。ここで雪が降っているって事は山の方はやばいかも・・・・。

 明るくなり始めたので出発しました。道路にもけっこう雪が積もっていました。

 国道54号線を走っていくと八重滝の入口がありあました。しかし、国道を雪掻きした時の雪の山で入って行けない状態でした。雪がかなり降っていたので大人しく断念して次に向かいました。

 県道62号線を通って常清滝に向かいました。案内板の所を曲がって走っていくと上り坂になっていました。雪は15cm以上積もっているようです。轍を通っていったのですが、途中で止まってしまいました。一度止まるともう上れなくなってしまいました。仕方なくバックで下がって行きました。広場に車を止めて歩く事も出来たのですが、大雪だったのでやめておきました。

 次は山口県の寂地峡五竜の滝に向かいました。遠いので高速道路を使って行こうと思ったのですが、高速道路まで行くのがすごく大変でした。国道を通って行ったのですが、雪掻きがされていなくて腹を擦るくらい積もっている所もあります。しかも上り坂は滑ります・・・・。他の車がほとんど走っていないので、車が動かなくなったら雪に埋まって凍死してしまうんじゃないかと心配でした。

 なんとか高速道路に入れましたが、高速道路も雪用タイヤ規制で大変な状態でした。

 吉和で高速道路を下り、国道186号線から国道434号線で寂地峡に向かいました。途中までは良かったのですが、山口県に入ってから急に道が狭くなり、雪の急な下り坂で大変でした。

 寂地峡ではちょうど雪がやんでいました。駐車場まで行くことが出来たので頑張って滝まで行ってみる事にしました。

 積雪10cm以上の道を歩いていくと雪化粧の竜尾の滝がありました。そこから坂道を登っていくと何個か滝がありました。案内板が出てなかったので滝の名前が分かりにくかったです。下から竜尾の滝、登竜の滝、白竜の滝、竜門の滝、竜頭の滝がありました。水が流れていない部分は雪に覆われていたので滝のまわりの様子がよく分からなかったです。

 最後の急な坂を登るとトンネルがあり、他の道を通って帰りました。帰り道に大スギに囲まれた宇佐八幡宮があったので寄ってみました。立派なスギが何本もあってすごかったです。

 これで目的の滝は全部まわったので山陽道から帰る為に岩国へ向かいました。

 岩国では錦帯橋を見に行きました。修復工事が終わった後で東側は新品状態でした。

 雪道を走って疲れ気味だったので高速道路を使って帰路につくことにしました。途中で仮眠を取りながらのんびり走って行きました。


    3日目へ



旅DATA



3月7日  6時38分 島根県斐川町発
3月7日 23時18分 兵庫県西宮市

走行距離   :627Km

高速道路使用区間
中国道 高田 → 中国道 吉和
山陽道 岩国 → 中央道 甲府昭和


標高グラフ

縦軸:標高 横軸:時間




全DATA



走行距離

1日目  : 938Km (川越 〜 島根県斐川町)
2日目  : 627Km (斐川 〜 兵庫県西宮市)
3日目  : 558Km (西宮 〜 川越)
--------------------------------------
合計   :2123Km


 第71話     第73話