top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




   

第86話四国滝巡り
 5日目(5月3日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第85話四国滝巡り
 4日目(5月2日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第84話四国滝巡り
 3日目(5月1日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第83話四国滝巡り
 2日目(4月30日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第82話四国滝巡り
 1日目(4月29日)

  <2004年4月29日
    〜2004年5月5日>


第81話日本一のモミの木
  <2004年4月24日>

第80話塩原滝巡り
  <2004年4月17日>

第79話両神山 七滝沢
  <2004年4月10日>

第78話埼玉桜巡り
  <2004年4月4日>

第77話
  <2004年3月27日>

第76話フィットの初旅
  <2004年3月20日〜21日>

第75話新しい旅の友
  <2004年3月18日>

第74話レビン最後の旅
  <2004年3月13日>

第73話中国地方滝巡り
 3日目 まだ雪!!

  <2004年3月6日〜8日>

第72話中国地方滝巡り
 2日目 雪!雪!!雪!!!

  <2004年3月6日〜8日>

第71話中国地方滝巡り
 1日目 雪!!

  <2004年3月6日〜8日>

第70話河津桜
  <2004年2月28日>

第69話栃木滝巡り その2
  <2004年2月22日>

第68話氷瀑巡り その4
  <2004年2月15日>

第67話氷瀑巡り その3
  <2004年2月11日>


     

 

第65話 『氷瀑巡り その1』
2004年2月7日(土)




入沢滝



氷玉



氷の川



早滝



万葉手打ちそば



白水の滝



小豆の滝



不動の滝 三の滝


 最近は氷瀑を見に行っても見られない事が多かったので今回はちょっと本気になって氷瀑を見に行く事にしました。群馬県神流町の標高1000m近くのところにいくつか滝がある事が分かったので行ってみました。予想気温もマイナス数度だから期待はできそうです。

 ちょっと寝過ぎて6時に出発。混んでいたので初めの目的地の入沢滝についたのは8時半になってました。入沢滝は滝の裏側を通れる滝です。そのせいか氷は下のところに少しあるだけでした。

 滝の近くの水が出ている所で玉みたいに氷っていて綺麗でした。

 次は早滝に向かいました。ここでまたまた道を間違えてしまいました。案内図の大きな看板があったのですが見間違えて違う沢を登っていってしまったのです。しかも道がないので大変でした。雪はなかったのでまだましでした。途中から川が凍っていて歩くのが大変だけど、どんどん登っていきました。いくら歩いても大きな滝なんて見当たりません。

 直線距離で700m、高低差200mくらい歩いた所でさすがに諦めました。急な川なので帰るのも大変でした。なんとか無事に車にたどり着いて一休み。10分くらい案内板を見て悩んでいると、沢が違っていた事に気が付きました。

 車で奥に進んでいくと入口発見!!。車を止めて15分くらい歩くと見事な氷瀑がありました。11時になっていたので上部は日が当たって溶けてしまっていたのが少し残念です。それでも下の方は氷の芸術品です。色は薄青ですごく綺麗でした。綺麗な氷瀑を見て疲れが吹っ飛びました。

 歩き回って腹が減ったので道の駅で手打ち蕎麦を食べて一休みしました。蕎麦湯がすごく美味しかった。

 次は白水の滝に行きました。標高が低いせいか全く氷っていませんでした。青々としたコケの上を流れ落ちている滝でした。変わった滝でした。

 次は小豆の滝に向かいました。細い道を登っていくのですが、急坂あり、圧雪ありでなかなか大変でした。あの急坂は雪が降った直後は通るのは無理そうなくらい急でした。

 なんとか入口に到着。入口から350mです。張り切って行こうと落ち葉の上に一歩踏み出すと・・・・。足が20cmくらい埋まってビックリしました。落ち葉で出来た落とし穴でした。

 10分ほど歩くと見事に凍った小豆の滝がありました。

 今回はこれで帰る事にしました。帰りに道の駅の近くにある不動の滝に寄っていきました。三つ滝があり、三の滝は長い階段を登っていきます。けっこうきつかったです。

 登っていくと沢山の瓦を重ねたような岩があり、その奥に滝がありました。この辺りは標高が低いので氷ってはいませんでした。

 帰りに秩父で“わらじ かつ丼”を食べようと思ったらやってなかったので仕方なく帰りました。帰りは渋滞している場所が多くて大変でした。

 今回は高低差のあるところをかなり歩いたので疲れました。道を間違えてしまいましたが、あれはあれでけっこう楽しかったです。



旅DATA



2月7日  6時16分 出発
2月7日 16時33分 帰宅

走行距離   :233Km



標高グラフ

縦軸:標高 横軸:時間



 第64話     第66話