top page top page
  はじめに / 旅日記 / コレクション / 資料庫 / リンク




   

第66話氷瀑巡り その2
  <2004年2月8日>

第65話氷瀑巡り その1
  <2004年2月7日>

第64話雪国を走る その2
 2日目 竜王峡

  <2004年1月31日〜2月1日>

第63話雪国を走る その2
 1日目 連敗

  <2004年1月31日〜2月1日>

第62話雪国を走る その1
 2日目 雪道

  <2004年1月24日〜25日>

第61話雪国を走る その1
 1日目 平湯

  <2004年1月24日〜25日>

第60話栃木滝巡り その1
  <2004年1月11日>

第59話九州滝巡り
10、11日目(1月5、6日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第58話九州滝巡り
 9日目(1月4日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第57話九州滝巡り
 8日目(1月3日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第56話九州滝巡り
 7日目(1月2日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第55話九州滝巡り
 6日目(1月1日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第54話九州滝巡り
 5日目(12月31日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第53話九州滝巡り
 4日目(12月30日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第52話九州滝巡り
 3日目(12月29日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第51話九州滝巡り
 2日目(12月28日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第50話九州滝巡り
 1日目(12月27日)

  <2003年12月27日
    〜2004年1月6日>


第49話埼玉滝巡り その4
  <2003年12月21日>

第48話埼玉滝巡り その3
  <2003年12月13日>

第47話埼玉滝巡り その2
  <2003年12月6日>


     

 

第52話 『九州滝巡り 3日目(12月29日)』
2003年12月27日(土)〜2004年1月6日(火)




九州最東端 鶴御崎



鶴御崎からの眺め



砲台跡



間違えて行った
名称不明の小滝



行縢の滝



真名井の滝



玉垂の滝


 3日目だ。朝起きると頭が痛い。明るくなる前に出発しようと思っていたが頭が痛いので明るくなってから出発した。この時期は7時頃にならないと明るくなってこないのでつらい。

 まずは海沿いに走って九州最東端の鶴御崎に行くことにした。軽く考えていたが道が狭いので時間がかかった。走っていると振動が頭と腹に響いてつらかった。

 鶴御崎には砲台跡があり昔は軍事拠点だったようだ。燈台の先に歩いていくと最東端の棒があった。青く綺麗な海の向こうには四国が見えました。寒いせいだろうか、他には2人しか来ていない寂しい場所でした。

 次は行縢の滝に向かった。しかし最東端からの脱出に手間取った。細い道を何時間も走りやっと延岡にたどり着いた。

 行縢の滝に行くのにちょっと道の選択を間違えてしまった。少年自然の家を目指したのだが県道207号線から行ったら細い道で大変だった。それに途中に紛らわしいところがあって案内板に滝の絵が乗っていたので行縢の滝と間違えて行ってしまった。往復30分くらいだが高低差があったので風邪を引いた体には致命的だった。

 なんとか行縢の滝の駐車場につくと頑張って歩き始めた。登りが急でけっこうきつい道だ。頑張って歩いていくと滝見橋があった。遠くの絶壁に水が流れ落ちているのが見える。ここから滝まで歩くとするとかなり距離がある。体調的にも危険なのでここで引き返すことにした。帰りは下りなのだがそれでも歩くのがつらかった。

 次は何処に行こうか悩んだが高千穂峡の真名井の滝に行くことにした。所々雨が降っていて薄暗くなってきた。心配になりながら行ったが高千穂峡は雨が降っていなくて助かった。体調が悪くてつらかったのでとりあえず滝だけ見た。ボートに乗って川から見たかったが元気がなかったのでやめておいた。真名井の滝は綺麗だったが玉垂の滝も良かった。岩の間から水が湧き出している不思議な滝だ。

 もう次に行く時間はないので次の日の予定を考えてみた。なんかのんびりしていたので予定がきつくなってきたような気がする。明日はちょっと頑張って4カ所くらいまわって一気に鹿児島県入りしようと決めた。

 運が良ければ最南端で初日の出が見れるかもしれないが日程的に厳しいかも。天気も心配だ。雪が降ったら標高の高いところはやばそうだ。


    4日目へ



旅DATA



12月29日  7時 4分 大分県佐賀関町発
12月29日 17時51分 熊本県大津町着

走行距離   :337km



標高グラフ

縦軸:標高 横軸:時間




全DATA



走行距離

12月27日 1163km (川越 〜 大分県香々地町)
12月28日  282km (香々地 〜 大分県佐賀関町)
12月29日  337km (佐賀関 〜 熊本県大津町)
12月30日  432km (大津 〜 鹿児島県大崎町)
12月31日  436km (大崎 〜 鹿児島県喜入町)
1月1日   503km (喜入 〜 熊本県不知火町)
1月2日   296km (不知火 〜 佐賀県鹿島市)
1月3日   383km (鹿島 〜 長崎県田平町)
1月4日   886km (田平 〜 滋賀県大津市)
1月5,6日  520km (大津 〜 川越)
------------------------------------------
合計   5238km


 第51話     第53話