○なんとなくお知らせ
検索されてるワードに「スパイウェア」が大量にあったので、メニューに4/4の日記「スパイ大作戦」を移行

 

■気になったことなど色々&愚痴の多い日記
 

2002年11月30日(土) 大安

【ダーククロニクル・初戦-継続中】
めちゃくちゃ良い出来です。でも奥がふかぁぁい、やってもやってもなんか進んでるような気がしないのは何故だろう、なんかもう体力がもちません・・・。かなり気合を入れてこのゲームに臨んだんですが、返り討ちに遭っています。とにかくやりこみ要素が多くて、何から手をつけて良いのかわからなくなるくらいてんこ盛りなんですよね。しかもどれもやり込み甲斐のある内容なので無視できない、ある意味天国、転じて地獄。面白いです、時間を忘れるほどに。基本的にアクション要素が強いので、戦闘を長時間やってると疲れるし飽きます。そこで、戦闘に飽きたら今度は町とかに戻って写真を撮ります。やってない人には全く謎な要素ですが、重要です。またそれに飽きたらジオラマ作成。またそれに飽きたら発明、釣り、魚の飼育、ライドポッドの改良、etc・・・。やること多すぎ。まだゲーム的には序盤だと思いますが、プレイ25時間越えてます。しかも先が全く読めません。あとこのゲームでは基本戦闘システムはトルネコやシレンのような感じで、フィールドや敵は毎回変わります。そのくせタイムトライアルとか条件付きで面をクリアすると・・・またそれで1要素あります。特に武器の成長システムがかなり濃くて、これだけでご飯三杯はいけます。もうお腹いっぱいです。これ以上要素追加されたら、クリアに半年くらいかかりそうなんで勘弁してください。あうあう。

後記:
ビバ☆スティーブ。飛び道具と音声ユニット必須。

 

2002年11月29日(金) 仏滅

【ダーククロニクル・初戦】
PS2ばらすところから始めました。なんでかって、最近FFXIばっかりHD使ってやっていたのでPS2本体内部の駆動部分を全く利用していなかったんですが、おかげで真っ白なホコリと異音が盛大に本体から立ち昇っていたためです。こんな状況でディスク入れたら火を噴く可能盛大。よって分解。よく考えたらPS2ばらすのは初めてですが、まあ何とかなるでしょう。さすがに初代PSと比べると中身の詰まりかたが圧倒的、かなり重い。ゴム足とネジカバーをポコポコはずして、いざ分解開始・・・詰め込んであるわりにはシンプルな構造なので何の苦もなし。DVDのトレイ部分をさくっと外して埃をはらいレンズを磨く、ケースの給排気部分の埃も吹き飛ばしておこう、とりあえずこれで何とかなるでしょう。実はちょっと前までPS2は縦置きで使っていたんですが、一度異様な動きをしてDVDを一枚傷だらけにされまして、それ以来横置きにして使っていたんですよ。そういえばそれ以来メディア入れてない気がする。ダーククロニクルがうまく起動することを願いつつロード開始、その間説明書を見てみるとBBunit(HDとネットワークのキットの総称)対応の文字が!ということはDVDメディアが多少調子悪くてもHDから読み込んでくれるので大丈夫でしょう。今後PS2のゲームは全部こうなることを希望します。まあだからといってメディアに傷が付くのはごめんですが。ゲームについては・・・まだなんとも言える状況ではないので明日。

後記:
ここまでやっての感想は、「底が見えない」です。“欲張りなRPG”とも言えるかも。

 

2002年11月28日(木) 先負

【ダーククロニクル・前哨戦】
今日は最近頻繁にCMをやっている「ダーククロニクル」の発売日。今日は帰りに寿司食いに行って、その帰りにinoyu氏の車で買いに寄ったんですけど、例のCMにキュンと来ちゃった人たちが並んだのかどうか知りませんが、買いに寄ったTSUTAYAと某ゲームショップの2店で売り切れ・・・。焦る。某ゲームショップのほうにはファミ通の前評価の切抜きが貼ってあったんですが、上から8,9,9,9だったかな?軒並み高評価。このせいか!しょうがないので、inoyu氏と別れてから自分の原付の帰宅ルートにあるゲームを売っている店をしらみつぶしにしていくことに決めました。頭の中で数えてみるとゲーム売ってる店は5店舗はあります。さすがにこれだけあればどこかに残っているだろうと意気込んで行ったのですが、1店目であっさり買えました。肩すかしかよ!結果オーライ。買おうと思った時点でAmazonに予約してあったんですが、今日の昼頃配送状況を確認してみたら、“発送が今日中”で“届くのは明日以降数日間”なことが判明したので、即キャンセルしたんですよ。その時点でキャンセル効いてるし・・・送るの遅すぎ。Amazonに対する信頼感↓。配送料とか無料で割引が15%きいてても、予約したものが発売日に届かないなら要らないです。たとえその日にやらなくても当日欲しい!とか冗談で言ってたら本当にやりませんでした。よく考えたら昨日寝たの4時前だった、不覚。プレイは明日以降。

後記:
明日は代休使って休み。ゲーム日和。駄目社会人パワー全開。

 

2002年11月27日(水) 友引

【ガンバルマンズヒストリー】
久しぶりに職場にalamas氏が来襲。長野に出張して来た帰りに寄ったとの事。前にも書いた記憶がありますが彼の実家は右のリンクにもありますが「月浜の湯」という温泉旅館を営んでおられます。以前私が退院した際には“快気祝い”ということで無料招待券を頂戴いたしまして、無賃宿泊の上、無銭飲食までさせて頂きました。その節はありがとうございました、またください。彼の最近の様子を聞くと、色々とトレードのし過ぎでハードディスクが1テラ近くなったとか、一日15時間働いてるとか、突っ込みどころ満載。でも全部本当の話なので何も突っ込めず。1テラってなんだ!何かに嵌まり込むと延々と続ける、ある意味誰よりも真面目に生きる男、alamas、恐るべし。彼は支配人として働いているのでとにかく旅館内で一日中忙しい立場にあるんですが、最近になって友人と有限会社まで立ち上げて働いているとのことで、いつ香典を送る羽目になるかと心配になりました。一日15時間以上旅館で働き、その後1〜2時間近所の有限会社の工房で働き、その後2〜3時間FFXIをやって寝るそうです。一日最高3時間しか寝れないっぽい。FFXIを紹介したのは大きな間違いだったと今になって後悔しております。そんな話を聞いていたら自分の境遇でウダウダ言ってるのが馬鹿らしくなってきましたので、色々と思い切って行動することにしようと思います、勇気をありがとう。

後記:
色々とふっ切れた。

 

2002年11月26日(火) 先勝

【日記】
毎日、日記に書くことは何かしらあるわけで、周りからは「よく毎日続くねぇ」とか言われるけど、特に労力を割くべきものでもない気がする。まあでも振り返ると毎回結構時間がかかってるけど。とりあえず書いた内容が日記として正しいかどうかは、私が滅多に読み返さないので、考えるのは無意味でしょう。なので今日も今日とて駄文を書き綴るわけですが、何で今日こんな独白をするのかというと気が乗らない日と言うのもあるからであって、日記の内容が支離滅裂な日に限ってネタを搾り出そうとして苦心した結果が小学生の夏休みの宿題のような空虚な文章を生むのだと思う。というか今日の文章も中身が無いよ、という言い訳を書いてたりします。まあぶっちゃけると仕事に関わることとかで、ちょっと突っ込んだ内容は書けなかったりするわけですよ、一応WEBという媒体に公開してますんでね。今日一日プライベートで何があったかって言われると、inoyu氏の新車の納車話くらいしかないわけで、この話は本人が嫌がるので一応遠慮してまだ一度も書いてないわけで、そのうち多分書いちゃうだろうけどまだ書かないわけで。あとは家帰って、ハリー・ポッター2巻を読み返して、日記書いて寝るという3点だけ。3択で日記のこと。寒い。

後記:
3巻読もう。寒い。

 

2002年11月25日(月) 赤口

【翻訳コン○ャク】
思い立って先日手に入れた多国語対応の翻訳ソフトを入れてみました。わけあって製品名は伏せますが、パッケージにちゃんと入った品なので誤解なきよう。高いソフトだけあって翻訳が素晴らしい!・・・はず。とりあえず適当な言葉を翻訳してみますかね。とりあえず、日本語「こんにちわ」>英語「hello」。英語から色々な国の言葉に変えられます、英語「hello」>仏語「bonjour」>独語「guten Tag」>伊語「ciao」。素晴らしい!はっきり言って私には完全にオーバースペックな上に英語以外必要ないですけどね。とりあえず次はあの有名な言葉でもやってみますかね、英語「Boys be ambitious」>日本語「司厨員は意欲的である」。おおっといきなり電波が!クラクラ来た、「司厨員」ってなんじゃ?調べてみたら、船で「上司の命を受け、調理の労務に従事する。」人だそうで。翻訳結果に対して色々と別解釈を出せるので試したところ、「少年は大志を抱いている」が出ました。まあこれならなんとか判らなくも無い。というかもともとが意訳っぽいのでこれ以上は無理でしょう。さて、ここでアレに挑戦してみませう、日本語「逝ってよし!」>英語「It passes away, all right!」>仏語「Il passe loin, tout le droit!」>独語「Es stirbt, in Ordnung!」>伊語「passa via, ogni destra 」。なんとなく大満足。意味は通じないでしょうが自己満足のために使いましょう、It passes away, all right! (訳:それは、問題なく、死亡する)。

後記:
たぶん「You should pass away. 訳:あなたは逝くべきだ」の方が意味は通じますが、返り討ちにあう可能性があるので素人にはお勧めできない。

 

2002年11月24日(日) 大安

【すきま風】
木枯らし吹く季節になりました。私の家はもう築30年とか超えちゃうような家なので、あちこち微妙に隙間とかあいてるんで寒くてしょうがありません。おかげで私の部屋は、夏は暑く冬は寒いというエコ仕様でまいったもんですよ。この不況の中、業者に頼んで直すのも高くてばからしい。うちの親父殿は昔は大工だったし、昔とったなんとやらの日曜大工であちこち直すことにしました。ちょっと前に床のへこへこしたところは親父が床下に潜り込んで補強して直したので今は快適です。今日は前から気になっていた、玄関の扉横の木枠の隙間を埋めることにします。近所に出来たホームセンターに行って色々物色。とりあえず木枠の色に近い変成シリコーンシーリング材を買ってきてみました。射出用の変なガンも。これはですね、中に半固形の粘体が入っていまして、それを建材の隙間とかに入れて目地を塞いだりする物です。家の外装にとかに使ってあるヘー○ルパワー○ードとかの繋ぎ目にコーティングされている、ゴムっぽい手触りのくせに押すと爪あとが付いちゃうアレです。見たことが無い人は、近所にある建売の新築住宅とかに行って壁の隙間をクニクニするとわかるかもしれません。当方、その行為で貴殿が捕まっても全く関知いたしません。早速我が家の玄関横の隙間に注入開始ですよ。むぅ、予想外に難しい・・・あー粘材が変なかたまりに!指で伸ばしたら大変なことに。建材と同じ色なので無視します。というかどうせその建材もぼろぼろですし。あと玄関の段差をなくすためにコンクリートで傾斜をつけているんですが、それが割れているので速乾性のコンクリートを買ってきました。うちの親父が水を入れてこねている間に全部固まりました。ネタではないです。親父曰く「俺もともと左官屋じゃないし」、言い訳にもならんわ!というわけでコンクリートは次回に持越しです。シリコーンはうまい具合に隙間にジャストフィットして隙間風も入ってこなくなりました。これで風の強い日に玄関との境の扉がガタガタ言うこともなくなるでしょう。ラップ現象は止まらないけど、去ねピーブズ!あなたのココロのスキマお埋めします。

後記:
ドーン!

 

2002年11月23日(土) 仏滅 勤労感謝の日

【先々行者】
トムクルーズ主演、スピルバーグ監督作品の「マイノリティ・リポート」を観てきました。封切は本当は12/7なんですけど、今日は先々行上映で観てきました。ここ突っ込みどころ、先々行ってなんなんだか(w。先行上映までならまだ何とかわかりますが、先々行までいくと洒落にしか見えない(^^;;。今週と来週の2週間は土曜日だけ上映したあとに、12/7から本当の封切りで平日も上映されるようになります。今日は事前に券は買っていなかったのですが、先日のハリポタ2の状況から見て夜の回なら当日買いでも行けると思い、近場の映画館にふらっと見に行ってきました。この作品、全く注目してなかったのですが、先週のハリポタ2の映画の前に流れたCFを見て見に来る気になったんですよね。内容には触れませんが、なかなか良い出来だったと思います。2時間20分くらいある作品なんですが、スピード感もあって最後までだれなくて良い感じです。個人的にSF系では久々の快作ですね。とりあえず見ておいて損は無い作品でしょう。まあでも内容にも色々と突っ込みどころはあって、今同じく映画を見てきたSAZ氏とその辺りについて語りながらこれを書いています(w。見たあとに色々と語り合える映画なことは請け負いますよ。

後記:
バニラスカイといい今回の作品といい、トムクルーズ氏はこういう映画好きなんですかね?全体を通しての雰囲気は、バニラスカイにM:Iを足したような感じ。賛否あると思う意見ですが(w。

 

2002年11月22日(金) 先負

【勤労家族】
うちの家族はみんな何かしらの職に就いて働いてますが、明日休みなのは私だけです・・・。まあある意味社会の底辺近くに位置している職種が多い家族なのでしょうがないとは思いますけどね・・・。なんか書いてて悲しくなってきた。親父は、数年前に勤めていた会社が潰れて転職したので、年収はちょっと人様には言えないような状況です。母は相変わらずチェーン系の飲食店の厨房とかホールとかで仕事中。最近店長が代わって仕事がやりやすくなったと喜んでるのでそれは良い事ですけどね。弟は借金で首が回らない上に、昼間のバイトはクビになってから、まだ次の職が見つかってません。夜中のバイトやってるので一応収入はあるようですけど。まあどんな仕事でもやる人が居ないと社会が成り立たないので、「職業に卑賤無し」だと思ってはいます。でも、でもですね、家族そろってそういう状況なのは何かしら悲しくなってくるわけですよ。色んな意味で運が悪くて現在こうなってるので、ちょっと憤りを感じる部分もあります。何にといわれると・・・なんでしょうね?別に社会に対してとかではなくて、なんとなく憤りを感じるだけですけど(^^;;。でも、そんな状況でも一軒家を構えて維持してきた上に、私を私立大学までやってくれた両親には頭が下がります。人から見ると多分うちは苦労してきたように見えないでしょうね。猫も犬も飼って家族みんなで可愛がってますし、とにかく明るい家族です。それだけが救いですかね。

後記:
幸い、バイクのタイヤは今日は無事でした(^^;;。でもそういえば、踏んだなら昨日は朝に踏んだはずなんですが、会社に着くまではなんとも無かったと思うんですよ。いたずらの線も捨てきれないのか・・・。

 

2002年11月21日(木) 友引

【パンク】
帰り際に駐輪場から原付を出すと、なんか調子がおかしいんですよ。50M位走ってからこれはただ事ではないと思い降りて調べてみると、後ろのタイヤが片手でへこへこ出来るくらい空気が抜けています・・・パンクの模様。まだ買ってから1ヶ月も走ってないというのに。いたずらで空気でも抜かれたかと思って栓のところも調べたのですが異常なし、普通にパンクしてるようです。何はともあれガソリンスタンドまで数百Mあったのですが、何とか騙し騙し走って到着。タイヤが傷んだだろうなぁ、まあ既にパンクしてる時点で致命的に痛んでるわけですけどね。パンクで走るとホイールも痛むので危険です。ガソリンスタンドでとりあえず空気を入れてもらうと、一箇所から猛烈に空気が噴出しています・・・見ると釘らしいものがブロックタイヤの薄い部分に刺さっていました。スタンドの人に「これ原付ですから、もしチューブタイヤだと直せないんですけど」と言われたのでバイク屋に電話で確認すると、Zoomerはチューブレスタイヤだとの回答。助かった。さすがにごついタイヤしてますからね、これでチューブ入ってたら見かけ倒しもいいところです(^^;;。車と同じ方法で直せるので、その場で直してもらうことにしました。釘を抜いて穴埋め材をその穴に突っ込んで、空気を再注入して終了。所要時間5分くらい(^^;;。釘を見せてもらったんですが、こんな感じのスクリュー釘が刺さっていました。「なぜかこれの頭が奥に向いて刺さっていましたよ」とスタンドの人。え?これが頭からって・・・うーん道で踏んだにしてもいたずらにしても状況が想定しにくいなぁ。頭から刺さるものなのでしょうか?謎は深まるばかり・・・助けて団先生(w。

後記:
いたずらだったら嫌だなぁ。会社の駐輪場に安心して置けない・・・。明日が勝負か?

 

2002年11月20日(水) 先勝

【Bフレッツ】
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!(半角カナ禁止w)。とうとう私の住んでいる家の地域のBフレッツの申し込みが12/2に解禁になるようです!実際の導入開始は1月下旬になる模様ですが、先が見えただけでも十分な進歩ですよ。私はサイタマー!の某市に住んでいるんですが、NTT-eastのエリア拡大情報に書かれている12/2申し込み開始の市ではないです。実はですね、あの拡大情報は完全に正確なものじゃないんですよ。住んでいる市がBフレ提供済みとか言っても、実際には地域ごとに回線を収容しているNTTの局社がBフレの設備を持っていないと、そのエリアだけ先に見送られる仕組みになっているのです。しかも、しかもですよ、住んでいる市が開始済みとなってしまった以上、前述のBフレの提供が見送られたエリアについては、その後「エリア拡大情報」のページに一切情報が載らないのです!そのエリアはもういつサービス開始か全くわからない!何たる差別!精神衛生に非常に悪い状況で、悶々としながら数週間に一回、申し込みフォームのチェックシステムで、サービス開始になっていないか調べるという毎日・・・辛かった。ついさっき思い立って調べに行ってみると、先日まで「提供の予定はございません」とか出ていたメッセージが「提供予定のエリアですが、お申し込み受付は、 2002年12月2日以降の予定です。」となっていて狂喜したと、そういう次第です(^^;;。この所CATVの回線の調子が最悪でもう胃がきりきりしてましたが、これで暗闇の中に一筋の光が見えました(うまい?)。

後記:
待ち望んだ光ケーブルでのフレッツサービス。ADSLが届かない私にとってはまさに福音です。

 

2002年11月19日(火) 赤口

【icq】
akimaru君の会社の規定が変わってノートパソコンの持ちこみやネットワーク接続に規制がかかるようになったとの事で、近く職場でICQを上げることが出来なくなってしまうそうです。そこで以前から興味のあったコマンドラインベースのICQを試してみることにしました。「mICQ」というUNIXコマンドラインなどで使える、ICQクローンソフトです。つまるところ、telnetやsshでログインしたターミナル上でICQクライアントが動くことになるので、システム管理者には気付かれることはないという画期的な作戦(w。もちろん本家のICQクライアントには機能的に敵うべくもありませんが、最低限のコミュニケーション機能はファイル送信に至るまで全て網羅しています。尚且つ、従来は日本語化が必要だったようなんですが、現在のバージョン(0.4.9.4)では日本語も問題なく通るようです。最初は古いバージョンで日本語化されたものをサーバにインストールして使おうとしたのですが、どうやらそのバージョンでは現在のICQサーバにログオンできないようでしたので、英語ですがmICQサイトから最新版を持ってきて使うことにしました。そこまでして使うのか?という疑問を持つ方も居るかもしれませんが、私はもう4〜5年これを使ってるので、もう生活のツールの一部です。携帯電話とかがここまで普及する以前から使ってますし。というかメールもあんまり使ってない(^^;;。これでsshが使える環境ならどこでもICQが使えるようになったので、セキュリティが厳しい会社とかにも転職できますな(w。

後記:
最近はファイアウォールでssh通信すら通さない会社も多いようですが・・・。

 

2002年11月18日(月) 大安

【ポインとカード】
ポイント、ポイント、ポイント、日本人は何でこうポイントが好きなんでしょうかね?数字が積み重なってたまっていく系統のものが好きなんでしょうか。そんなこと言いながら、私も先日の映画鑑賞の際に、映画館のメンバーズカードに入会してポイントを溜め始めました(^^;;。私の家から近いところにある「ユナイテッドシネマ」グループのメンバーズカード会員です。年会費1000円取られますが、映画が毎回300円引きで見られるうえに、鑑賞時の代金の10%がポイントとして加算されます。1000ポイントで平日に映画が一本無料で見れるので結構お得かもしれません。この所ご無沙汰でしたが、これを期にまた映画館通いを再開しようかと思います。結構見たい映画は多いんですが、なかなか面倒で行かないんですよね。結構マイナーな映画でも見たい物が多いので、ちょくちょく暇を作っていくことにしましょう。あ、そういえばFFにはまってたんで行く時間が無かったのかな。先日行ったハリポタ2の前は何を見たか覚えていないくらい映画館はご無沙汰でした。いやぁ不覚。そういえば本当に見たい映画は、先行レイトショーとかで見に行くので、割引は一切効かない気が!ポイントが溜まっていく一方になってしまうかも。これは罠かもしれない(^^;;。

後記:
一回1800〜1500円でポイントが10%付くということは、6回ほど見れば1本無料ということに。同伴者1名までのポイントも加算されるとのこと。映画好きにはお勧め。。

 

2002年11月17日(日) 仏滅

【らーめん】
近所に出来た「唐麺や 十兵衛」に行ってきました。ここは、あの「がってん寿司」を経営するRDCグループのお店で、実はすぐ近所にがってん寿司と「かつ敏」もあります。すし屋は結構前からあったのですが、最近になってすぐはす向かいにこの2店舗が出来たんですよ。多分客を逃がさないためでしょう、がってん寿司はいつも満席で、特に土日とかはあふれかえってますからね。すぐ向かいにこういう店があれば、他店へ行く客を捕まえられるというわけですよ。十兵衛はラーメン屋で、かつ敏はトンカツ屋ですね。開店3日目の夜だったんですが、えらい混雑で、店員も多数居て盛況です。でもまだ店員が混雑になれていないのか、なかなか頼んだものが出てこなくて参りました(^^;;。3人でいったんですが、ラーメンはすぐ出てくるんですが、サブメニューのご飯物がいくら待っても出てこない。3回くらい催促して、ラーメンを既に食べ終わった頃にやっと来るという状況でした。まあこれは開店したてなんでしょうがないでしょう。味はよかったですよ。チェーン系では出せないような味と、溶けるようなチャーシューが印象的でしたね。お勧めです。ただ、こういう店にしては値段が結構張るかと。RDCグループは基本的に「そこそこの値段でうまいものを」っていうポリシーのような気がします。かつ敏も、メニューを見た限りでは安くないですが、決して高くもなくいい感じ。非常にうまそうです。今度機会を見て行って来ます。

後記:
あーそういえば退院してから8ヶ月、トンカツを1回も食べてないです。医者から止められてたし(^^;;。

 

2002年11月16日(土) 先負

【Harry Potter: Chamber of Secret】
今日見てきましたよ、先行ロードショーで。なかなかの出来栄えでした!実は前作のDVDを見て、その直後に見てきたのですが、色々とショッキングな事件が。内容には相変わらず触れませんのでご安心を(^^;;。まずいきなり目に付いたのは、子役がみんな背が伸びたなーってこと(w。特にドラコは随分と伸びたんじゃないかな。おかげで、原作の設定ではノッポのはずのロンの身長が、あんまり目立たなくなった気がします。みんな顔付きが精悍になってるし、見比べてみると本当に成長しているといった感じで面白かったです。あと凄く気にかかったのが、ダンブルドア校長です。ご存知の方も多いとは思いますが、ダンブルドア校長を演じていらした、イギリスの名優リチャード・ハリスさんが先月ガンで亡くなりました。はまり役だっただけに、シリーズ半ばで他界されたというのが非常に残念でなりません。あくまでも私の私見で、もしかしたらプロに対して非常に失礼なことを言っているのかもしれませんが、今日の映画を見た中で、ダンブルドア校長が随分と息苦しそうに喋っているシーンが幾つかあったように感じました。具合が悪い中をおしての撮影だったのかも知れません。あくまでも直前に前作を見ての比較といった感じなので、もしかしたら私がうがった見方をしすぎなのかもしれません。話半分に聞いておいてください。今回の作品を通して総評すると、前作より説明部分などが減ったおかげで物語の要点だけを効果的に映像化することに成功していると思いました。ですから前作の知識、というか原作の予備知識が無いと見にくいことには変わりは無いのですが、原作を読んだ人でも面白く見られる、という感じでしょうか。まあ私の場合は、直前に本を読まなかったのも勝因でしょう(w。今回は純粋に面白いと感じましたし、原作ありきで考えても十分及第点をあげられるのではないでしょうか。

後記:
ハーマイオニーの魔法のキレに痺れました。隣のおじさんが彼女が魔法を使うたびに驚嘆してたのが面白かった(w。

 

2002年11月15日(金) 友引

【トレードオフ】
現在の職業は結構年収がいいです、嫌らしい話で恐縮なんですが。多分同年代で見ても、中より上に位置するんじゃないかと思います。まあ年収で職業を選んでいるわけじゃないのですが、inoyu氏曰く「好きじゃない仕事だったら金が良くないとやってられないよ」、全くその通り。何でこんな話しをしたのかというと、いざ転職を考えてその手のサイトで申し込みをしようとしたときに、「現在の年収は?」とか聞かれたのがきっかけ。いざ計算してみると、残業代まで含めると良い額もらってるんですよねぇ・・・。今更ながら、こうやって実感してしまうと、また腰が重くなります(^^;;。このままのペースで年収が上がることを期待できるのであれば、ここもそれなりに魅力的な職場かもしれません。しかし、恐らく40代を前にして危機的な状況に陥ることが想像できる職種でもあります。俗に言う『斜陽産業』というやつで、もう衰退の一歩しか道が残っていないであろう職種なんですよ・・・。まあ国の方針で縮小させられるのでしょうがないんですけどね。個人的には『護送船団方式』みたいな事になりそうだと予想しています。なんというか、「共倒れにならないように皆で負荷分散しよう」みたいな方策を強要されるんですよ。極めて日本的な後ろ向きな方策ですね、反吐が出ます。中国ですら国営企業の民営化をして競争力を育てているというのに、うちの職場にいる役立たずどもは、まだ10年以上のほほんと暮らせるようです。そのつけは我々が受け持つのでしょう、冗談じゃない、お断りです。そんなこんなで、現状把握が出来たところで、今一度分析してみましょう(w。転職をすると多分年収は下がります。しかし、転職する職種さえ間違えなければ10年後の自分は笑っているでしょう。先を考えると、無理にでも腰を上げておくべきかもしれません・・・。もうちょっと悩んでみます(^^;;。

後記:
平均年収をWEBで検索したら、『世帯平均』という分類の仕方が結構引っかかりました。計算するとうちは・・・低い、家族全員働いてるのに異様に低い・・・。

 

2002年11月14日(木) 先勝

【第?期転職熱到来】
もう転職したいと何度言ったことでしょうか(w。そして何度フィーバーをすれば気が済むのでしょうか。懲りずにまた転職熱再来の時期が到来いたしました(^^;;。きっかけは単純でした。他課がIT関連のアホなプランをぶち上げて、実行に移そうとしているという話を聞いてからです。そのプランは・・・まあ詳しい説明は避けますが、非効率、無謀、浅慮で、提案してきている業者から見ると鴨ネギ状態。ちょっとセキュリティ関係で相談を受けたんですが、もう馬鹿かと、アホかと、話になりませんよ。こんな組織を変えるという気持ちはもうとうの昔に消えかけていましたが、今回の件で完全に消えました(w。まあさすがに今日になって、そのプランを実行させるのを阻止しようという流れが実を結ぶことが出来そうなんですが、金額的な問題だけで判断されているようだというのがまた頭にきます・・・。これが金額的に折り合えば実行されていたかと思うと・・・うう気分悪い。そんなこんなでまた転職情報を漁り始めましたので、何か良い情報があったら教えてくださひ(^^;;。

後記:
夜中になって某カップ麺サイト「みんなきてKOIKOI」のKOI2さんがTVに出てる!KOI2さんがマジでユンケル麺食ってんの見れました(^^;;。

 

2002年11月13日(水) 赤口

【続・品質悪化】
先日ここに書いた、CATVの回線の調子が悪いという話なんですが、ここ数日さらに酷くなっています。苦情を出そうと思っているんですが、どうにも症状がまとまらずに、苦情の内容が決められなくて困ってるんですよ・・・。普通回線が重くなるときって、pingというコマンドを使って計る値が大きくなるんですが、今回はなぜかほとんど変化無し。ただ、パケットロスと呼ばれる、通信データが一部ロストする現象が少し起きています。回線が重いというよりは、送ったはずの通信が途中で消えてしまっているような状況かもしれません。色々と調べてみたんですが、どうも通信が多数発生する場合などに顕著に症状が現れているようです。画像を多用しているWEBページなんかを見るときは特に酷いですね、画像がポコポコ抜けて見れたもんじゃないです。ネットワーク利用の90%がWEB閲覧な私にとっては、拷問状態であることはお察しいただけるでしょうか・・・。深刻な問題として、サーバのメンテナンス等にも影響を及ぼしていますので、そろそろ笑えなくなってきました。FFXIも出来ないし。

後記:
待てど暮らせど表示されないWEBページ。ストレス臨界突破!

 

2002年11月12日(火) 大安

【海外製】
久しぶりに色々とアプリのテストとか、PCサーバのインストールとかに、随分と時間をさけています。別に仕事が無くて暇とかいうのではなく、やる気が起きているだけのことなんですけどね(^^;;。おかげで仕事が手に付かないですよ!って本末転倒ですな。まあやっていることは仕事の延長線上にあり、技術習得もかねているので良しとしましょう、勝手に。大体サーバ向けのアプリってのは大抵が海外製で、日本語が通らないのが多いんですよねぇ。これはイイ!とか思うアプリがあっても、日本語が通らなかったりして悔しい思いをすることもしばしばあります。日本語が通るようにローカライズ(まあ要は改造なんですが)をする人たちも居ますが、私にそんな技術力はありません(^^;;。必然的に、アプリを色々とテストをして、使えるかどうか試すことが多くなるわけですね。じゃあ日本語の使えるであろう国産のものが良いかというと・・・しょぼいのが多いのも否めない(^^;;。Windows用のソフトとかはそこそこ充実してると思うんですが、UNIX系ソフト開発に関しては微妙な気がします。というかオープンにしてないって感じかな?オープンソースという考え方がありまして、開発とかみんなでやりましょうというのがあるんです。ところが、この分野に関して日本は比較的閉鎖的で、特に一昔前まではあまり目立ったソフトがありませんでした。UNIXというOSそのものが、主に企業で使われていたというのもその一因でしょう。日本企業ってどうも抱え込み主義じゃないですか、発明とか特許とかに関しても。最近になってから日本でも、Linux等の一般ユーザへの普及が進んだことで、オープンソースでの開発が盛んになってきましたけどね。良い事です。私は基本的に言うだけで自分で作りませんので、これ以上は反感買いそうなので口を閉じましょう(w。

後記:
このサーバで動いているソフトも基本的にはほとんどオープンソースで開発されているものです。無料で使えますが、何か調子が悪くても誰に文句が言えるわけでもないですけどね。タダより高いものは無い。

 

2002年11月11日(月) 仏滅

【新サービス開始】
今日は新サービスの公開日だったのですが、各事前準備は出来ていたものの、告知用のビラができていなかったりマニュアルが印刷されていなかったりと微妙な具合。まあ私の怠慢が原因なのは秘密、というかもろにばれてますけどね。むひ。サービス利用のための申請書やら、利用記録をとるための仕掛けなど、午前中に一通り手配が終わったので、とりあえず午後には公開開始。・・・えーと、1日終わってみて、まあ告知のビラをほとんど見えないように貼ったのが原因だと思うんですが、誰も申し込みに来ませんでした(w。良い事です!仕事増えるだけだしーやる気ないしー。まあ来なきゃ来ないで、細々と隠れるようにサービスは継続しておきましょう。今回のサービスも設備入れ替えのあった去年の9月から、1年越しでやっと実現したもので、色々と問題を抱えている中での公開となっています。まず、利用する際のハードルが無用に高いんですよね。素人が手を出したらこちらがフルサポートしないと使えるようにはならないでしょう、やってられないっての。その結果色々ともめて、最終的には「実験公開なのでとりあえず始める、責任は利用者が取ること」っていう形で開始されたという、いわく付のサービスに仕上がりました(^^;;。純和風テイストな『責任なすり合い社会』に、プールに顔を浸けられない子供に対するがごとく、押さえつけられてどっぷり頭まで浸けられている私。苦しいですね、入院しちゃうほどに(^^;;。もっとフランクにいけないもんかなぁ、日本人ってのはこれだから嫌だね。まあクレーマーチックな私がこういうこと言うのもずるいんですけどね(w。さて、一般利用者から申し込みが来るのはいつになるかなぁ・・・楽しみだ。誰が一番最初にあの張り紙に気付くかな?(w。

後記:
A3の紙にA4サイズ2枚をまとめて印刷したものを、こっそり掲示板に張ってあるんですがねぇ。まあ普通は読まないか。

 

2002年11月10日(日) 先負

【特別先行ロードショー】
来週の土曜日、16日から公開される映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のチケットを買ってきました。前作も先行で今回も先行での鑑賞となりますね。新しい物好きというか、エサが目の前に置かれたら待てない性質ですのでしょうがないのでぃす(w。先行なおかげで値引きは一切ききませんでしたけどね・・・。そもそも23日から公開の映画を、何故に1週間前にちょこっと小出しにするのか?先行ロードショーってなんなの?まあそれは置いといて、個人的には前作は不満が残る出来だったために、今回の作品にかなり期待する部分はあります。今回は映画を見る前に原作の2巻を読み返す気は無いので、多分細かいアラは気にならないでしょう。前作は、映画が公開されると聞いて慌てて一気に読んだので、頭に本のイメージが強く残りすぎていたのも映画をつまらなく見せてしまった要因かもしれません。そういえば前作のDVD買ってからまだ封も開けてないや・・・発売日に買ったのに(^^;;。2巻の記憶としては、「蛇、剣、日記」という単語がちらついているのですが、どうも2巻より3巻のほうが印象に残っている上に、4巻を読んでそれが上書きされてしまっているのでかなりおぼろげです。ベストコンディションと言えるでしょう(w。出来れば今作を見る前に前作のDVDの封を切ってもう1回見ておこうと思っています。1巻の記憶もおぼろげなので、今度は楽しめるかもしれない。

後記:
邦画の「トリック」も気になるところ。でもドラマをほとんど見てないので、どこかでDVDでも借りて見てから映画を見ようと思います。だから多分そっちもDVD。

 

2002年11月9日(土) 友引

【ホグワーツ校指定教科書】
今日書店でハリー・ポッターでお馴染みの静山社さんより発刊されている、ホグワーツ校指定教科書の「幻の動物とその生息地」と「クィディッチ今昔」を買ってきました。最近のハリー人気にあやかった便乗書籍が多い中、これはハリー・ポッターシリーズ原作者である、J.K.ローリング女史手づから書かれた正式なガイドブックです。私は別にグッズコレクターではないので、気に入ったものでも関連物を集めることはほとんどありません。しかし原作者にかかれた本となれば話は別です。関連書籍というか、ある意味外伝のようなものじゃないですか。この本を買おうと思ったのは、4巻のあとがきがきっかけでした。静山社の社長である松岡さんによると、この教科書は売り上げの70%がコミックリリーフというイギリスの慈善団体に寄付されるとのことで、これは制作費等の最低限の代金のみを差し引いて、残りは全て寄付という形になっているそうです。もちろん日本以外の各国でも同様の活動が行われています。その特殊な背景から、あまり手広く長期間にわたっての販売が出来ないため、来年の1月一杯で販売が終わってしまうそうなんですよ。それで私も購入する気になったというわけなんです。ちょっと高いんですけどね、税抜きで900円(^^;;。ページ数も極薄ですし、期間限定ということと寄付金込みという言葉が無かったら多分買わなかったでしょう。色々な報道を見る限りでは、このコミックリリーフという団体は素晴らしく健全な運営をしているようで、活動資金は別な財源から出ているため寄付金は100%慈善活動に使われるという、寄付のし甲斐のある団体だそうです。良い事です、これなら払ったお金が惜しくありませんよ。まあそんなこんなで今手元にあるんですが、なかなか面白いですこれ。本当に好きじゃないと要らないとは思いますが、本当に好きなら必読といった感のある、まさに『教科書』です。参考書ともいえますね。あの独特な世界観が好きな方は是非読んで欲しいですね。これだけの深い設定を頭に持っているからこそ、描かれる世界なんだなぁというのをつくづく感じました。

後記:
あーそうそう、1ガリオンは日本円で900〜1000円くらいだということが、この本のおかげで推察できました。ところがですね、色々とこれを基準に計算すると物価がずいぶん安いんですよね。日刊預言者新聞が一日につき約10円で配達されていることになり、私は魔法界への移住を強く切望したくなるわけです(w。

 

2002年11月8日(金) 先勝

【ウィルス産業】
今日もウィルス対策プロダクトの紹介にどこかの業者がやってきました。製品そのものは特に目立った点も無く新鮮味の無い内容だったので、金額だけ簡単に計算してもらったんですが、あんまり安くもない。今使っているウィルス対策ソフトから乗り換えるメリットはないと判断して、丁重にお断りしました(^^;;。アカウント登録ユーザが1万人に、マシンが1800台以上あるので、ライセンス料はたいした金額になってしまうのですよ・・・。それにしてもこの系統の製品紹介が最近多いですねぇ、それだけ世界にウィルスが蔓延しているということでしょうけれども、ウィルス対策ソフトを作っているメーカとかは大儲けじゃないですか。インターネット経由でウィルスが感染するようになってから、世界中のパソコンで対策を講じるようになったわけで、その経済効果はそら恐ろしいものがあります。それにうちのようなプロバイドする側としては、メールサーバに仕掛けるようなソフトの導入も考えなくてはなりません。その場合『ユーザ数×単価』という事になるため、無駄にアカウント数が多いうちなんかは、かなりの金額が必要になるわけです・・・。世間一般のプロバイダさんがどうしているかはわかりませんけど、結構今までは安く提供されていたと思います。例えば某バスターを作ってる会社のメールウィルス対策プロダクツは、以前はユーザ数無制限ライセンスというのがあり、一定金額払えば何万人でもOKでした。ところがその某社の製品も、来年からユーザ数ライセンス制に移行するそうで、今までの何十倍も請求されるプロバイダも当然あるはずです。これによって今までのサービス水準を保てなくなる会社も出てくるのではないでしょうか?ますますウィルス対策メーカの製品は売れる構図ですね、ちくしょう。汚いよ。つーか実はウィルス対策会社がウィルス作ってばら撒いてんじゃないかという噂もありますが、最近それを信じ始めている自分が居ます(w。

後記:
ユーザ数ライセンス制は悪魔の罠。金がいくらあっても足りません、ええ。

 

2002年11月7日(木) 赤口 立冬

【品質悪化】
ケーブルテレビのインターネット回線が最近異様に反応悪いです。色々とあってうちはADSL引けないので、ブロードバンドと呼べる回線はCATVのしかないんですよ。それが使いにくいというのは、私にとって致命的です。とりあえず何が悪いのかと思って色々調べてみると、普通にファイル落としたりするときの回線速度はそれほど落ちていない模様。そのわりに、WEBとか見てると画像がポコポコ抜けたり、いくら待ってもページが表示されないということが頻発しています。なんと言うか、「無応答になる確率が異様に増えた」感じです。大体毎日20時過ぎ頃から現象が始まり、2時ごろまで反応が鈍いです。私なりに調べたデータと今までの経験からみて何が原因かというと、多分最近流行のP2Pソフトである『Winny』でしょう。知り合いの技術者の人曰く「あれは洒落にならんほどパケット飛ばしますし、向こうからも送られてきますよ」とのことで、プロバイダのルータが過負荷で反応鈍くなるという事例が各地で起きているらしいです。うざすぎ、迷惑なんでやめて欲しい。というか確実に違法性の高いファイル交換やってるだろうしなぁ。さすがにWinMXとかよりも公共害が大きいので、Winnyだけは許せませぬ。WinMXは回線にあまり負担もかからないようですし、ユーザが自分のリスクを承知でやっている分にはいいと思うんですよ。でも例え違法性の無い取引をやっていたとしても、他人に迷惑をかけている以上Winnyは規制されるべきだと思っています。Winnyを「違法なファイル取引の道具なので訴訟」というのは訴えた側が負ける確率が高そうですが、「Winnyの仕様によって公共害が出ているので訴訟」というのは勝てるかもしれないなぁ。この場合訴える側はあくまでエンドユーザで、プロバイダではないのがミソ。例えば、凄い公害を出す車を作った会社があるとして、それで病気になった人が、作った会社とその車を買って乗っていた人のどちらを訴えるのが道理かという話になるかと思うんですよね。まあプロバイダがルータの性能上げなさいって話ももちろんありますが、その場合Winnyユーザも性能上がるまで待てよ、ってのは通る道理でしょう。というわけでとりあえずCATV会社に苦情と現状調査を依頼しようと思います。訴訟はしません、たぶん(w。

後記:
別にファイル取引は否定しませんが、ソフトの粗暴な仕様による回線の品質悪化は許し難い。少なくとも私は被害を被ってるので言う権利くらいはあるでしょう。

 

2002年11月6日(水) 大安

【メモリ増設】
先週から今日までイベントの関係でPC施設がほとんど使われていなかったので、色々と普段出来ないようなメンテナンスやらサーバいじりやらをこちょこちょとやってました。今日が最終日。平和な日々も終わりです(^^;;。ただ今日はいきなり「PowerBookにメモリを増設したいんだけど」という人が来て、結局断りきれずに対応することになってしまいました・・・。基本的に私物の面倒は見ないのですが、バイトに頼めないかとか散々食い下がってきたので、しょうがなく私が個人的に引き受けたという形でやることに。PoweBookはもちろんApple社のMacintoshのノートパソコンですよ、私も詳しいわけじゃないのでかなり苦労しました・・・。今回持ち込まれたのはPowerBookG3の後期型のもので、pismoと呼ばれるシリーズ。最近の銀色のメタルボディのものではなく、一昔前の、黒い曲線を描くようなボディを持つタイプです。まず開けると保証がなくなることは説明した上で、蓋を開けてみると、とりあえず簡単に挿せそうなスロットが一つ。しかしその人が持ってきたメモリは2つ・・・あれ?とりあえず1つ挿してみるものの、その方も他の人のアドバイスで2つ買ったそうでいまいち納得が行かず。一度それで作業を終了して引き取ってもらったのですが、私も気持ちが悪かったのでWEBで調べてみると、なんと簡単に挿せるメモリスロットの真裏にもう一枚挿さるとのこと。WEBを見る限りではかなり難しい。もう一度パソコンを持ってきてもらい再チャレンジ、乗りかかった船です、沈没まで行くことにします(w。かなり冷や汗をかきながら何とか2枚を無事認識し、なんとメモリ総量1GByte。いいなぁ・・・。いつも他人の良いマシンをセットアップしたりしてますが、私の個人のマシンはアスロンの900MHzですよーう。泣ける。

後記:
トラブルもあるのであまりこういうことは引き受けないようにしてます。食い下がってくる人には・・・まあその人の、人柄いかんで対処してます(w。

 

2002年11月5日(火) 仏滅

【動画規格】
うまくいかないので諦め気味だった動画編集関連を、またやり始めました。WindowsMediaEncoder9(WME9)が英語版だけですがリリースされていたので、それを一通り試してみるついでに、以前うまくいかなかった部分を再度試してみようと思ったわけですよ。WME9はマイクロソフトのメディアプレイヤーでお馴染みの、マイクロソフト開発の動画規格です。まあ新しいものは基盤はMPEG4っぽいですけどね。色々と仕様がブラックスボックス公開されていないためフリーソフト系があまり出ていないというデメリットを抱える半面、新バージョンではDVD等で使われているような家電向け再生チップ開発メーカーが、組み込みレベルでのサポートを表明しているなど、今後の展開が期待できる規格でもあります。実際みんな悩んでいるのが、次世代はどの規格の動画形式が生き残るかという点で、特に動画コレクターにとっては保存形式の問題は大きいようです。もし自分の今採用している規格が廃れてしまったらと思うと怖いんでしょうねぇ。ベータとVHSみたいな感じかな(w。WMEのバージョン7.1では「使えない」という評価を“動画鬼”どもから下されていたんですが、9にバージョンアップしてからはにわかに脚光を浴びてきているようです。特にDivXのように追加で再生ソフト(Codec)が必要なものと違って、Windowsメディアプレイヤーが自動でWME9への対応をしてくれるというのが強みになっているようですね。作成した動画の配布時には、やっぱり再生環境がネックになる部分でしょうから。そして、今までDivX5でしかサポートされていなかったような様々な機能がWME9には実装されてきています。Video部分の設定項目も随分と様変わりして玄人向けの設定も選べるようになっていますね。2Passエンコードとか、DivXユーザにはお馴染みの項目から、ブロックノイズ消去やインターレス解除など、見劣りのしない内容です。明らかにDivX5を意識した作りでしょう、マイクロソフト本気ですね・・・。特に、WindowsMediaAudioという音の規格部分なんですが、9ではProfessionalという5.1チャンネルをサポートする強力な規格も選べるようになっています。私は使いこなす自信が全くないのですが、鬼どもは飛びついてくるのでしょう(^^;;。特にDVDを・・モニュモニュ・・する連中にはもう涎が出そうな規格でしょうとも(w。

後記:
さすがにもうCPUが遅いですね。1分の動画のエンコードテストに20分〜40分もかかるのですよ、やってられません。

 

2002年11月4日(月) 友引

【4800円】
今日は振り替え休日で仕事はお休みですね。今日はこの間買ったZoomerに、注文してあったオプションパーツをつけてきました。シートフレームネットという、まあ要はアミですよ。これがですね、実物が予想以上に微妙な物なんですよね・・・。まず、かなり大きさが合ってない(w。片方をフレームにぴったりあわすと反対側に隙間があきます・・・。まああんまりきっちりでも問題があるのかもしれないので、これは良しとしましょう。でもアミの留め具がプラスチックのインシュロック(知らない人のためのサンプル画像)だというのはいかがな物でしょう?まあこれで色が白とかだと目も当てられませんが、幸い色は黒、でもプラスチック。しかもよくある「一度閉めたら戻せない」タイプではなく、一度閉めてからも外せるような突起付き。簡単に外せちゃ駄目じゃん・・・。さらに追い討ちをかけるように、閉めて余った部分は「ニッパーで切る」という微妙ぶり。なんか4800円間違ったかもしれません4800円。無駄に4800円使った気が4800円してなりません。ドイトでも行って、自分で素材そろえてなんか作るべきだったかなぁ・・・。3番目の誤算は先日も書きましたが、後ろのアミが無いこと。もうこれは自作しかないですな。この際インシュロックも全部外して、アミだけ使ってなんか作ろうと思います。

後記:
セキュリティが皆無なんですよ、今の状況だと。何とかして、ちょっとバイクから離れるときくらい、物を入れておけるようにはしたいなぁ。

 

2002年11月3日(日) 先勝 文化の日

【読書の秋】
なんとなくハリー・ポッターの4巻をもう1回読みました。昨日の晩からダラダラと読み直していて、結局今日はほとんど読書に費やしてしまいましたよ。私は平均して本を買ったら1.5回くらい読んでいますかね。2冊に1冊くらいは2回読んでるということで、1.5回としておきます(^^;;。基本的に読書、というか文章(とりわけ物語)が好きなので、WEBを見ているときでも、そういうサイトを見つけるとつい時間を忘れてしまいますね。比較的読むスピードが速いおかげで時間はかかりませんから、別に何度読み返してもいいんでしょうけど、推理物とか3回も4回も読み直してもあんまり面白くないですからねぇ。ハリー・ポッターは伏線の確認をしつつ読み直しましたけど、いやぁさすがといった感じですね、絶妙です。これは訳者の松岡さんに敬意を表すべき点でもあると思います。英語版での表現も味わってみたいところですが、英語が特別苦手な私にとって、それはかなりの荒行になりそうなので、一生かけてやる趣味として残しておくことにしましょう(^^;;。私の老後の夢は、コーヒーの香る喫茶店を経営しながらゆっくりと読書をしたいので、そのときの楽しみということで・・・。

後記:
私はタバコ吸わないので店もNoSmookingになるのかなぁ・・・そうなると喫茶店の「喫」は抜かなきゃ駄目か(^^;;。

 

2002年11月2日(土) 赤口

【歌舞伎町】
今日は内職のお話しで久々に西武新宿へ。久々にというかもう、何時来たのかも覚えていないほど懐かしの歌舞伎町界隈、よく映画見に来たなぁ・・・。まあこの町で、他の遊びが出来るほど金は持ってません、特に昔は貧乏暇無しだったし。相手の方とも合流して、高いお茶が楽しめる喫茶ルノワールで、ゆっくりと仕事の打ち合わせ。普段メールとかだけで仕事の打ち合わせをやってるので、たまにはこうやってあって話すのも、重要なことだなぁと感じました。あまりたいした仕事してないのですが、そこそこの評価は頂けている様で、取引相手の方からは「引き続きお願いします」との言葉を貰いました。頑張ろうと思います。akimaru君も一緒に話し合いに来ていたので、帰りに彼を誘って焼き肉食ってきました。私の死にかけの内臓のほうは、やっと医者から「薬はそろそろやめましょうか」と言われるくらいには回復しているようなので、まあ暴食しなければ大丈夫そうです。でも酒は飲みませんけどね、さすがに。色々と仕事の話とか、今後の夢なんかを話したりしながら、肉焼。帰る頃には、もうすっかり歌舞伎町らしくなった町並みをあとに電車に乗り込むことになりました。この町はこれからが本領発揮のようですね。akimaru君は、帰ってからもまた付き合いで飲み会があるそうで、最終的に彼の自室で鍋会ということになったらしいです(^^;;。まああんまり遅くならないうちにこっちを切り上げてよかった。

後記:
やりたいことはたくさんあっても心がついてこないです。気合を入れてやる気を起こさないと駄目なタイプなんですわ。

 

2002年11月1日(金) 大安

【経年劣化】
諸事情で今日は職場は暇です。私たちは出勤してますが、肝心の利用者が居ません。今日はイベントがあるのでPCの施設は閉鎖しているんですね。せっかくなので、いつもなら常時誰かが使っていて手入れのしにくいPCを、この時とばかりに整備することにしました。とりあえず、私の席から見えるだけでも、結構な台数が「故障中」の張り紙を張られています。どうせ見える範囲にあるマシンは基本的には3種類しかないので、そのうち2種類の中身を全部入れ替えてしまうことにしました。まあ基本的にはPCへの一斉配信システムがあるのでそれほどたいした作業にはならないはずなんですが、全く同じ構成のマシンでも一部妙な動きをしているものがあります。そのうち数台は一番初期の画面で、なんかエラー出して止まってますね・・・メモリ関連っぽいです。去年のシステム総入れ替え作業からもう1年以上経ちますが、そろそろハード的なトラブルも多くなってきています。液晶モニターに線が入ったり、FDドライブが読めなくなったり、電源を入れても全く立ち上がらなくなったりとバリエーション豊富。マザーボードを交換したりすることもあります。幸い今日のエラーは、メモリの抜き差しで解消しましたが、毎回こうすんなりと行くわけではないのが頭の痛いところです。それにしてもメモリなんて誰が触るわけでもないのに(PCケースには鍵もかかってます)これだけ台数があると色々なことが起こりますねぇ・・・。こういうのもいちいち判断して対処していかなければならないので、えらいストレスです。人は増えないし。思い切る時期が近づいています・・・。

後記:
体を悪くしたことが、心にへばりついてネックになっている気がします。あー転職したいんだけど、なんとなく駄目だぁ。

 


[運営ぽりす〜]
当サイトはスキル互助を目的とした仕事人グループによる運営を行っております。スポンサーを募集しておりますが、ここを見てスポンサーになろうという奇特な方はいないかな。
仕事を見て欲しい今日この頃。
部外秘な仕事しかやって来てないなぁ...