○なんとなくお知らせ
検索されてるワードに「スパイウェア」が大量にあったので、メニューに4/4の日記「スパイ大作戦」を移行

 

■気になったことなど色々&愚痴の多い日記
 

2002年9月30日(月) 先勝

【問い合わせ】
あーなんかやる気が出ません。今日は先週の土曜に出勤したinoyu氏が代休なので、問い合わせとかは全て私のところに来ます。うざすぎ。そもそも私物のパソコンの設定とか頼みにくんなっての、カエレ!おまえんちのパソコンがどうなろうとこっちの知ったことか!・・・と言えたらどんなにすっきりするだろうか(^^;;。そもそも自分の力で出来ないことについては、『やれないのでやらない』という選択肢を選ぶのが正しいはず。例えば「パソコンの使い方がわからない、勉強もする気が無い、じゃあやらない。」という人、これはこれで正しいんですよ。ところが「パソコンの使い方がわからない、勉強もする気が無い、あそこならタダで聞けそうだ。」という人、この選択肢はNGだってば。そんなもん金払って専門業者に頼め!近場に専門家が居るからってあんたとは親しくも無いんだからホイホイ教えるかっての。でも最終的には手伝わされるんだなぁこれが・・・。断れば良いと人ごとに言う人も居ます、しかし電話ならともかく目の前に来られるとこれが難しい・・・。しかも私は一応情報処理課とかいう部署に居て、カウンターから見える位置に座ってるのでどうしても対応せざるを得ないんです。立場的に下とか同列の相手なら、出来る限りやんわりと断るように心がけてるんですが、目上の相手だと難しいんですよ・・・。私はこういう場合、とりあえず最初の1回は手伝って、その手伝っているときにうまいこと「こういう仕事は自分の担当範囲じゃなくて、人手も足りないのでそうそう付き合えない」という事を相手に伝えるんですよね。まともな人ならこれで簡単には問題をもって来なくなります。これが効かない相手もいるんですけどね・・・今までで一番最悪な相手は夜の22時過ぎごろ私の自宅の電話に、自分の私物のパソコンについての問い合わせをかけてきたアホ。社員の名簿に住所とか電話番号が載ってしまっているので、それを見てかけてきたようです。ちなみにその人とは私は一度も面識なし。言ってることも「CD-Rを買ってきたんだが書き込めない」とか言ってるし。さすがに仕事中じゃないんでと断りを入れてすぐに切りましたよ。次の日の朝出勤すると、どうも情報処理課の数人に同じ電話をかけていたことが判明・・・。なんでこういう社会不適応者が多いんだうちは・・・。どうも電話を受けた人によれば「CD-Rのメディアを買ってきて、普通のCD-ROMドライブに入れて焼けないとか言ってたみたい。」・・・・・・・・・・・・・・・。あぼーん。

後記:
明日は台風直撃との噂。もちろん原付でトライ。

 

2002年9月29日(日) 赤口

【エミュレータ】
今日は床屋行ったり犬の散歩したりと穏やかな一日でした。特にこれといった用事も無かったので、昨日某ルートで手に入れたエミュレータでゲームをやることに。んーめちゃくちゃ面白い。というか最近のエミュレータソフトは凄いですね。いまやってるのは某老舗メーカが新しく作った携帯ゲーム機のエミュレータですが、本当に現物と遜色ない動きをしているように見えます。まあ実際に現物見たわけじゃないんですが、ゲーム内の動きとかに全く不自然なところが無いし、効果音として音声も一部含まれてるんですが、タイミングもバッチリで音ズレも無いように思いました。これは本当に携帯してやりたいゲーム以外はPCで十分事が足りてしまいそうです。まあそりゃこれは違法ですよ。なので細かいソフト名とか機体名は伏せさせてもらいますけどね。とにかくこういうものを「あーちょっとアレやりたいなぁ」と思ってから数時間で手に入れられるネットというものに脅威を感じました。実際、私は随分回り道をしたという自覚があるので、もっと短時間で手に入れられたと思います。一昔前のファミコン系のエミュレータソフトは色々と種類もありますし、性能を考えても最近のPC上で再現することはそれほど難しくは無いと思います。以前話題になったPSエミュレータのBleem等は随分不具合等が激しくてなかなかまともにゲームをするというのは難しかったようですけどね。今回私が手に入れたのは比較的新しいゲーム機のエミュレータだったんですが、携帯ゲーム機なせいか動作も軽く、ほぼ完璧な再現でした。ゲームの本数も歴史が浅いせいで少ないせいか、ほぼ全ソフトが吸い出されて、PCで動かすことが出来るイメージファイルになっているようです。あーなんか書いてるうちにちょっと自己嫌悪・・・。私は好きなソフトは必ず新品で買うんですよ。そうしないとソフトの製作者にお金が渡りませんからね。でも今回はある意味その戒を破ったことになります・・・。まあこの年で携帯ゲーム機を買うのがなかなか難しくて・・・言い訳ですけどね・・・。なんかの形でこの借りを返せるように考えておこうと思います。買うしかないか・・・。

後記:
今回のことを考えて現状を見ると、ソフトウェアが売れずに続編が出ないとかいう話の本質が見えてくる気がします。今回私がやったゲームも近々続編が出るんですが、今回のセールス如何では打ち切りとの事。うう・・・。

 

2002年9月28日(土) 大安

【久々にFF】
久々にFFにログインしました。しかもこれまた本当に久しぶりのPTプレイです。まともにPTプレイしたのは何日振りでしょうかね・・・そもそも1週間以上ログインすらしてなかったし。1ヶ月ぶりくらいのPTプレイかもしれないです。最近まとまった時間が取れないことが多かったので、ゲーム関係もしょぼしょぼと適当にできるようなのしかやってなかったんですよね。えーと、なんかブラウザで出来るFlashのゲームとかで30分潰したりとか。ちょうどテレビ番組の再編時期なこともあって、色々と特番も多く、なかなかFFだけに没頭できるような環境じゃなくなってきました(^^;;。ある意味FFに没頭するためにテレビのエアチェック用に買ったD-VHSデッキのせいで、逆に時間がなくなるほどテレビ番組見たり動画編集している自分が居ます・・・アホですね(w。久々にやったPTプレイは知り合いに誘われてやった、ある意味暇つぶしプレイ。なにせ誘ってくれた人たちはメインキャラじゃなくて、最近新しく作ったというサブキャラでやってるんですよ。つまり完全に別キャラ。その別キャラのレベル上げをする彼らのメインキャラのレベルは50超えてたり・・・。いやぁ恐るべし。私はレベルの低かったジョブ・シーフのレベル上げをやっていたんですが、なかなか一人のプレイではレベルが上がらなく、14レベルで死にまくってたんですね。まあそんな話をしてたらちょうどサブキャラのレベルを上げていた彼らに誘われたわけですよ。シーフという職業には面白い技能がありまして、15レベルになると「不意打ち」という技がつかえるようになります。どういうものかというと、『自分に対して攻撃のターゲットを向けていない敵に対して大ダメージを与える』ことが出来るというもの。1分間に1回、実際の戦闘では1〜2分かかるので、うまくすれば実質2回程度この技をつかえます。ぶっちゃけると“クリティカルヒット”を必ず当てる技なんですよねこれ。ただし敵の後ろから(つまりターゲットされてない)という条件がついてますので、1人でプレイするときは最初の一撃しか使えず効率が悪いのです。PTプレイでこそ効果を発揮するこの技。まあこんな技が存在するせいもあって、14レベルのシーフというのはある意味無価値なんですよ(^^;;。15レベルにならないとどうあがいてもPTのお荷物。今回のプレイでなんとか15レベルまで上げさせてもらえたので、今後は堂々とPT参加希望を出すことが出来そうです(^^;;。ちょっと楽しくなってきたシーフ。

後記:
そろそろ秋の新番組もチェックしないとなぁ・・・そういえばD-VHSのテープも買い足しておかねば。標準画質で6時間用のテープが一番コストパフォーマンス良いのか、900円以下で買えるんですよ。8時間録れるやつは4000円越えるとの事で最悪。3倍モードで24時間録れるので高い模様。

 

2002年9月27日(金) 仏滅

【設定ミス】
最近このサーバのシステムが妙に重くなると思ったら、どうも私が仕掛けた設定に不備があった様子・・・。基本的にこのサーバはスペックの90%以上をデータベースの運用に食われています。まあその原因のほとんどはこのサーバで運営してる某掲示板にパワーを割いているせいもあるんですが(^^;;。そのこと自体は問題無いんです、予測しているというか納得して調整している事項ですからね。問題は、世間一般で今使われているデータベースというのは、ある程度のデータの蓄積と削除を繰り返したらメンテナンスが必要だということなんです。もちろんうちのサーバのデータベースもほとんどが掲示板で使っているわけですから、データの蓄積量は大変な量になります。それをまとめてメンテナンスすると時間がかかる上に、毎回の検索等の作業にも負荷を与えるようになるので非効率的です。そこで2時間に一度、そのメンテナンスを自動でかけるようにしてあったんですね。データの増加が少ないうちにこの作業をすることによって、負荷のかかる時間を最低限に抑えた・・・つもりでした。誤算は、随分前に仕掛けたデータベースのログ取り用の設定、これが悪かった。データベースの動作ログをとるという行為自体はいいんです。問題はデータベースメンテナンス時のログの量。これがまた半端じゃない量なんですわ。しかもログを吐くときの勢いのすさまじい事といったらもう。システムの90%がそのログを取る作業で食われていることを確認(^^;;。結局、“ログを吐くときのディスクアクセス”が原因で2時間に1回システムが極端に重くなっていた模様・・・。いやぁすいませんでした。これで2時間に1回、WEBが無反応になるほど重かった現象は解決しているはずです。

後記:
そういえば先週と今週連続で保険屋から電話が無いです。なめられてるようですね〜・・・。ふふふ、後悔させちゃる(w。

 

2002年9月26日(木) 先負

【WEBMAIL】
WEBMAILシステムをこのサーバに導入してみようかと思って色々と調査中です。ちょっと前にakimaru君より要望があり色々と調べ始めたんですが、色々な種類があるものですね。今無料のWEBMAILシステムで一番多いのがIMAP4用のシステムらしく、POP3専用と言うシステムがあまり見つかりませんでした。IMAPとは従来から使われてきたメールの通信手段であるPOP3に代わる新たなメール通信プラットフォームとして開発されたものです。POP3との大きな違いは、サーバのメールボックスからメールを自分のPC等に読み込ませるのではなく、サーバ上でメールを読んだりフォルダをつくりメールを管理できる、ことです。要はメールをサーバ上で管理するのがIMAP4、PC等に落としてから管理するのがPOP3、とも言えるでしょう。IMAP4は従来のPOP3の欠点を補う新時代のメール通信基盤として期待されていましたが、色々な要因で普及が遅れて、未だにPOP3が世界的なメール通信の標準になっているのが現状です。まあネットワークに繋がっていないとメールが読めないIMAP4は一昔前のダイアルアップ接続全盛期には敬遠されがちだったのかもしれません。今回akimaru君より検証を頼まれたWEBMAILシステムも基本的にはIMAP4用のシステムで、POP3でも使えなくはないのですが、フォルダが作れないと言う致命的な問題が(^^;;。WEBMAILだとIMAP4の方が色々と都合が良いという事もあるようで、ちょっとIMAP4の導入も考えてみるつもりではいます。ただ、POP3だと対応していないメールサーバがほとんどないので、汎用性が高いのも事実。他のサーバからメールを読み込んでくるようなことも出来るので、本格的に使うのであれば当面はPOP3を標準に据えるのが妥当なんでしょうね・・・。再考の余地あり。POP3はセキュリティも甘いしな〜。

後記:
ついでにCAの勉強も開始。カルシュウムのことではない。証明書の発行を自前でやって良いものか検討中・・・。

 

2002年9月25日(水) 友引

【ダ・ダ・ダダ・・・】
薄いー、東芝のDynaBookSS!薄い!しかも本体に大容量バッテリーが標準添付(その分高いけど)してるあたりが小憎らしい一品。知人の買ったノートパソコンですが、セットアップは私がやってます(^^;;。まあこういうのは嫌いじゃないので楽しんでやってますけどね。最新モデルではないS5/280PNLNというモデルだったんですが、最近最新のテクノロジーから離れている私としては十分にハイテクマッシーン!なんと言っても薄いのですよ。しかも軽い、1.19Kg。もうね、持ってるとなんか恐怖すら感じそうな勢いですよ。今まで私は東芝のパソコンをいじった事がないので、色々と新鮮で結構楽しめました。あとCD-R/RWとDVDのコンボドライブとかも一緒に買ったので、なんかもう妙に楽しかったですね。自分で買うかといわれたら、そんなお金はないので無理なんですが人が買ったのをいじる分には感謝されこそすれ費用はかかりませんので(^^;;。OfficeXPとか入れてサービスパックあてたり、OSにも最新のパッチやサービスパックを導入。英語が堪能な人なので、英語版のウィルス対策ソフトでフリーのものがあったのでそれも導入。今日の時点で出来る限りのセキュリティ対策を施し、メールソフトにはNetscape7のメーラを使うという、ある意味かなり強固なシステムが完成(w。某世界標準メーラを避ければウィルスの被害は激減するのも事実なので、これは十分にセキュリティ的に意味のある選択だと思います。私がすすめたわけじゃなく、知人が自分で選択したので大丈夫でしょう・・・多分。ちょっと癖があるのも事実ですけどね。それにしてもこれだけパソコンが薄いと持ち運びとかにも注意しなければいけませんね。実際電車とかで肘打ちとか食らったら確実に割れそうな感じなんですよ。あと予想以上に周辺機器がかさ張りますね・・・まあコンボドライブやFDとかは全部外付けなので、必要に応じて持ち歩くようにしてもらうしかなさそうです。仕事をする場所にはもう一台デスクトップ機があるので、普段FDとか使うときはそちらのパソコンに転送してからFDに移した方がいいかもしれませんね。そういえばDVDを見たことがないというので今度私の私物を貸す予定。英語の勉強に使いたいとのこと・・・私とは大違いだ・・・。

後記:
ノートパソコンほしいんですが、欲張りなのでスペックで妥協できず、価格は安く買う主義なので高いと手が出ず・・・わがままとも言う(^^;;。

 

2002年9月24日(火) 先勝

【プロ根性】
今日は帰宅が随分遅くなりまして、22時前ごろだったんですよ。そしたら巨人阪神戦の中継やってたんですけど、新聞の番組表見たらもうとっくに終わってるはずの時間。よく見たら延長とか言ってるんですよ。私野球に全く興味が無くて普段一切見ないんですが、ちょうど良い場面だったので久々に中継を見ました。うーん既に1時間以上試合中継が延びている模様で、さっきからひっきりなしにこの中継の後の番組の繰り下げのお詫びを流してます。まあ日本中にファンを持つ巨人の優勝がかかっていたようなので、途中で中継をやめるわけにはいかなかったんでしょうねぇ。どうも解説者の話を聞く限りでは既にヤクルトが負けているので、この試合巨人が勝っても負けても優勝との事。なんかまぁつまらないなぁと思ったものの、よく考えてみたら巨人は負けてもその試合場(今日は甲子園でした)で胴上げするわけで、どうせなら勝ってフィナーレを飾りたいところ。ところが巨人、チャンスでどうしても打てない・・・。これがまた阪神が粘る粘る、この粘りがあれば今シーズン勝てたんじゃないかというくらいの粘りっぷり。まあね、わざと負けろとは言いませんよ。私はどちらのファンでもないのでなんとも言えませんが、このシチュエーションなら巨人に勝たせてあげたいなぁというのが正直な気持ちでした。いや、プロ野球ですからね、プロ。プロってのはスポーツマンシップにのっとるだけがプロじゃないんですよ。プロレスリングとアマレスリングの最大の違いは何か?エンターテイメント性ですよ。まあぶっちゃけると、晩年のあの動きのジャイアント馬場に次々倒されるレスラーたちと、それを見て沸く会場のお客さんですよ(w。野球は結局延長12回の裏、阪神の攻撃でこの回が延長最終回となる局面で、ボールがキャッチャーからすっぽ抜けて終了。プロ野球、プロ性はいったいどこら辺にあったのか。ますます野球に興味をなくしました(^^;;。

後記:
まあ最後の数回は良い試合展開だったと思います。でも12回の表、あそこで点を取れなかった時点でもうマズイ。プロとはなんぞや?まあ阪神ファンは随分楽しそうだったので、星野阪神はプロの仕事をしたのかも・・・(w。

 

2002年9月23日(月) 赤口 秋分の日

【寝過ぎ】
いやー普段の私からは信じられないほど、ひたすらに寝ました。昨日の晩は2時過ぎごろには寝ていたはずなんですが、今日起きたのが12時過ぎ。朝昼兼用の食事を取ってから1時間ほど本を読んでいたら・・・寝てました(^^;;。しかも暗くなるまで。なんか体調悪いのかもしれません。私はなぜか10時間以上寝れないんですよ。そりゃ3日とか徹夜したりすれば話は別ですが、日常的な普段の寝不足程度では10時間以上寝たことがありません。それが今日は16時間とか寝てます・・・。こういうときは大体夜になって頭痛がしてくるんですよ・・・と思ってたら夕食後あたりに来ました、酷い頭痛。今まで寝すぎの頭痛で、このレベルは味わったことがありません。なにせ日記を書こうと思ってPC机の椅子に座っていたら、猛烈な吐き気とめまいが襲ってくる始末。いやぁさすがにこれはヤバイと思ってバファリンを探しに行ったら、「バファリンもノーシンも切れてるよ。早く寝なさい。」との、バファリンの半分にやさしさを持っていかれたかのようなお言葉(w。寝過ぎの頭痛なんですぐには寝れないですよ・・・。うつ伏せで漫画でも読んで気を紛らわそうと思ったら猛烈なめまいが襲ってきて脂汗が出てくる。風邪でも引き込んだんでしょうかねぇ・・・。寝ようと思っても昼間にあれだけ寝てればそうそう簡単には寝れませんって。あーもう座ってるのもきついので苦しみながら寝転んでます。きつい。

後記:
眩暈と吐き気まで来たのは初めてです。死にそう。

 

2002年9月22日(日) 大安

【DivX】
どうしてもD-VHSから取り込んだ動画を高画質で圧縮することが出来ません。例のWinMXで落とさせてもらったTVの録画をエンコードしたファイルの画質があまりにも素晴らしかったので、どうしても妥協できないんですよ。実際その動画を作った人も特別なハードを使っているわけではないでしょうし、圧縮形式だってDivX5.02で圧縮しているのは間違いないんですよ。D-VHSから取り込んだ動画は非常に高画質で、このソースが問題ということは無いでしょう。そうなると私のエンコード設定がどこかおかしいということになります。しかしどう設定しても納得のいくレベルにならないんです・・・。いまテストで使っている動画は40秒くらいのものなんですが、形式によっては出力までに40分くらいかかるのでテストを繰り返すにも一苦労ですよ。しかしこれが10秒とか20秒では評価サンプルにならないので、しょうがなくこれくらいにしてあります。いくつか手引きのようなページも見つけたんですが、そのページの通りに設定してもやはり駄目。根本的に何かが違うとしか言えない、暗中模索のような状況です。そもそもDivX形式というのはMPEG-4を基盤技術とする圧縮フォーマットなんですが、他のフォーマットと比較して再生にマシンパワーが必要な代わりに高画質・高圧縮なエンコードが出来ます。実際akimaru君にテストで作った動画を見てもらったらプチプチ切れてしまったそうです(^^;;。スムーズな再生を行うには大体P3で800MHz以上のCPUが必要になるようですね。まあかなり高レベルな設定が色々と出来るのでもうちょっと調べて頑張ってみようと思います・・・。

後記:
久しぶりに自宅のマシンをフル稼働させてます。いいCPUが欲しくてしょうがなくなってきました(w。

 

2002年9月21日(土) 仏滅

【気抜け】
FFを最近ほとんどやってないです。まあ多少飽きが来たというのも正直なところなんですが、最近D-VHSで遊んだり、部屋の片付けとかサーバの調整とかで時間を食いつぶしていたのでまとまったプレイ時間を取れなかったんですよ。PTを組むとどうしても長時間プレイすることになります。まとまった時間が取れないとなると他のPTメンバーに迷惑をかけないためにもPTプレイを控えることになってしまいます。しかしFFではPTを組まないとまともなレベル上げが出来ないので、段々と遠ざかってしまうわけですね。まあレベル上げ以外にすることがあまり無いというのもちょっと問題なような気がするので、そろそろスクウェアも色々と考えなければならない時期にさしかかっているのでしょうね。実際に解約者も増えており、Inoyu氏も先日解約すると言っていました・・・。生産や、栽培・採取などの新要素も取り入れてユーザを繋ぎとめるような方策もとっているようですが、いまいち有効な気がしません。レベル差があると一緒に遊べないという今の制度を何とか打開する方法は無いもんですかねぇ・・・。社会人と学生ではどうしてもプレイ時間に差が出ますし、立場が一緒でもやはりプレイ時間に差が出てくるのも当然です。しかしそういう人たち同士の接点がLS等でのチャットくらいしかないというのはちょっと問題な気もします。まあちょっと私もインターバルを置いて、仕事や趣味のほうが落ち着いたらFFに本格的に復帰しようとは思いますが、当面は一日30分から1時間くらいの細々としたプレイしか出来なさそうです。まあやめる気はありません。知人に随分と貸しもあるので、回収するまではやめませんとも(w。

後記:
のんびりとやるのがいいですかねぇ・・・。最近ちょっと別なゲームもやらなきゃいけないのがたまってきたんで(w、少しインターバルってことで。鉄騎はペダルが無ければ欲しいなぁ。ペダル置いてプレイできるような場所が無いんですわ。

 

2002年9月20日(金) 先負

【トラブル】
明日からの3連休を謳歌するために私にはどうしても片付けておかなければならない仕事がありました。それは150台弱・5部屋分のマシンへ、セキュリティパッチあてとその作業後にディスクイメージを作成して全台に配信するという仕事です・・・。いまクライアントパソコンに使ってるOSはWindows2000なので先日発表された「SP3」を入れてやらなければなりません。うちで管理しているマシンは再起動すれば元の環境に戻るソフトが入ってますので、ウィルスやセキュリティホールをついた攻撃を受けても被害は残りません。しかし再起動する前に害を撒き散らす恐れもあります。それを防ぐために必ずパッチあてをして、その環境を固定しなければなりません。今回は新規に入れるソフトが無いのでソフトウェアの動作検証はないし、SP3も別な種類のマシン約200台でもう導入を済ませてあるので不具合とかをあまり気にしなくて済みます。「比較的楽に終わる」と思っていました、始めるまでは・・・。作業は順調に見えました。しかしパッチをあててディスクイメージを作り、いざ配信というところでどうしてもうまく行かない。原因はどうもローカルネットワークのどこかのようなんですが特定が出来ません。ハブが悪いような気もするし、スイッチルータが悪いような気もするし、クライアントPCが悪いような気も・・・。つまり全くわかんないです(^^;;。ここまでの過程がどんなにスムーズにいこうが、配信が出来なかったらどうにもなりません。この作業で1部屋全台の中身を入れ替えるので、残り4部屋のためにもなんとしてもクリアする必要があるんですよ。色々試しました、最終的には配信速度を落として、普段の3倍くらい時間のかかる設定で配信をして何とか3部屋を終了。ここで残り2部屋を残して定時。残業決定・・・。ああもう去年の夏にシステム入れ替えてから安定動作した実績が無いですよ。こういう時間の無いときにうまく行かないとストレスが・・・胃が・・・。

後記:
そういえば、職場の同僚の人がD-VHSデッキで私と同じ型のやつを今日予約してしまいました(^^;;。私があのデッキを褒め過ぎたのかなぁ・・・後悔するようなことになりませんように。

 

2002年9月19日(木) 友引

【寿司食いねぇ】
今日の事後チェックは比較的穏やかに進み、今日は定時どおりに帰ることが出来ました。実は今日寿司を食べに行こうとInoyu氏とTarou氏に約束してあったんですよ。つい先日Inoyu氏の誕生日だったのでそのお祝いということで、今日は私とTarouさんの奢りの予定。私の誕生日にはケーキをご馳走してもらったりしていたので、お返しの機会をうかがっていたんですよね。「あんまりお腹がすいてないんだけど」という訴えをさらっと聞き流し寿司屋に連行。今日も『がってん寿司』ですよもちろん。ちょっとまごまごしていたので出るのが18:30くらいになってしまい、混むのを危惧していたのですが、実際に着いてみると妙に空いています。まあ平日だしこんなものかなぁと思いつつも、今までこの系列の店に来たときは必ず待たされていた気がする・・・どうしたんだろうか今日は。まあお陰で待たないですぐ座れましたけどね。カウンター席のほうが流れているネタの状態がわかってよかったのですが、あいにくテーブル席だったので私は通路側へいく羽目に。案の定流れてくる寿司がよく見えなかったんですが、とりあえず適当にTarou氏にエンガワを取ってもらいました。しかし、そのエンガワが妙に乾いてるんですよ。今日は客の入りがいまいちなせいか、流れてるものが時間がたってしまっているようですね。いやぁ本当にこの店でこういうことは初めてですよ。流れているものを含めてハズレを引いたのは、過去にとてつもなく臭い焼きホヤ貝を食った1回だけです(w。しょうがないので食べたいものは注文で頼むことに。しかしここでもまた罠が!店員が注文を忘れるんです(^^;;。今日来た店では『注文忘れ撲滅キャンペーン』なるものを実施していて、店員が注文を忘れたと客が判断したら店に密告できるという面白い制度があります(w。密告するとイエローカードがその店員に発行され、2枚でレッドカードとなり、店内での配置換えか退場という怖いお仕置きが待っています。恐らく後で店長とかにおこられるんでしょうね(^^;;。よっぽど言いつけてやろうかと思ったんですが、再度確認すると「あ、まだ来てないですか?おかしいなぁ」みたいな事を言われて、もう暫くすると注文したものが届くので、うまくはぐからされたような気が・・・。まあ別にいいんですけどね。まあでも相変わらずこの店はクオリティが高いので良い感じです。今日も創作寿司がいくつか更新されていて色々と楽しめました。今の時期はサンマがおすすめなようで、生サンマの握りがたくさん流れていましたが、私は青物は基本的に駄目なのでもちろん食べません。日替わり品の中に、生だこの握りがあったのでわさびをたっぷりつけて食べました、うますぎ。ただ最後に頼んだマツタケの握りは微妙でした・・・高いのに。

後記:
3人で好きなだけ食べてお会計6800円でした。安いなぁ。。

 

2002年9月18日(水) 先勝

【ネットワーク回線増速】
かなり前から細々とすすめてきたインターネット用の回線増速のための工事が今日やっと実行されます。今まで各拠点に1本ずつ繋いでいた専用線を、NTTComの持つ広域ネットワークに各拠点を繋ぎこむことによって低価格かつ高スペックの回線を設定しようという小難しい計画を立てました。安全性の面では本当なら専用線の方がいいんですが、最近は安全性よりは回線が細いことによるデメリットのほうが厳しかったのでこういう選択肢になりました。銀行系ほどの安全性をインターネット回線に設定する必要も無い気がしますしね。ほとんどのデータが重要でない、いわゆる『Webサーフィン』によって読み込まれていますし、最近だとWinMX等のファイル交換ソフトやダウンローダも回線を食いつぶしています。こういった状況を改善するのに一番良い方法は、利用者のマナー教育をすることなんですが、人数が多いのでやってられませぬ(^^;;。まあとりあえず世間一般から見てもそろそろ1.5Mbpsという回線帯域は少ないと思っていましたので、今回一気に10Mbpsまで引き上げることにしたんですよ。今回は3拠点での同時進行作業になるためかなり手間取ることを懸念していました。それによって回線のダウンタイムが増えれば仕事にも影響が出ますし、その間は外部からのWEB閲覧者もうちのHPを見ることが出来ないので損失にもなります。初っ端、NTTの設定ミスでいきなり1時間近いロスが発生。まあそれでもすぐに状況がわかって復旧のための連絡が取れたので、後の作業には影響が無いくらいのロスで済みました。いやぁ冷や汗かきますね。今回は一応、私がほとんど独断で計画を立て、各所に許可を取り実行までこぎつけたので、これで失敗でもしようものなら“準備が適当すぎる”となじられるでしょう。いや実際準備は適当だったんですけどね(^^;;。先日も書いたように私は大雑把な人間なので、「終わりよければ全てよし」みたいなところがあります。うまく行った時は特に問題が無いのですが、どうにもならない事態になったとき責められるんでしょうねぇ。まあ10件うまくこなして、1件失敗するならそれでなじられても本望ですよ。そう思いこむことにします(w。その後の作業では、いくつか打ち合わせに無かったような事が問題にのぼって急遽決めなければならなかったりということはありましたが、比較的早い時間に回線自体は復旧しました。あとは確認作業だけ、これが一番キモですけどね。・・・・・・・・・んー色々と問題が出てくるなぁ(^^;;。やっぱり準備不足かなぁ?でもいくら打ち合わせても実際にやってみないと出ない問題も多数あるし、まあ順調に行ったほうですよ。結局今日は20時くらいまで諸々のチェックに時間がかかったものの、一応一通りのサービスは復旧させることが出来ました。明日は一日テストデー。色々と細かいトラブルが残りましたので明日はそれを修正しなければなりませんね・・・あー疲れた。

後記:
動画編集にいまだ光が見えず・・・。とりあえず40秒の動画をサンプルにして色々とテストすることにしました。

 

2002年9月17日(火) 赤口

【続・動画編集】
今日も色々と苦心してます。CMを切ったりすることは何とかできるようになったんですが、最後に保存に適した形式で動画を圧縮しなおすのに随分と手間取っています。動画や音声を一定の方法で圧縮することをエンコードというんですが、これが色々と難しいポイントなんです。実は以前WinMXで落とさせてもらったTVの録画ファイルはものすごい高画質にもかかわらずかなりファイルサイズが小さかったんですよ。これは最近流行のDivX5.02という形式でエンコードされているらしく、前にスパイウェア駆除日記の方で取り上げたソフトを入れるとこの形式で圧縮するためのCodecというものがパソコンにインストールされます。とりあえず私はスパイウェア部分を駆除して使っていますが、特に圧縮については問題ないようです。ライセンス的に問題があるかもしれないのであくまでも今はテストしている段階だということで(^^;;。まあとにかくこの形式が現状では一番綺麗で圧縮率が高いと評判らしいです。ただ、なぜかうちの環境でエンコードすると、以前にもらった動画と比べて明らかに画質が悪くなった上にファイルサイズも大きい!なぜだ?普通は、「ファイルサイズが大きいけど綺麗」とかなら話がわかるんですが明らかに画質もサイズも負けてます。どこかに解説してあるページが無いものかと思って色々探してみると、どうもDivX5形式の場合は、1回エンコードするモードと2回エンコードするモードというのがあって、後者のほうだとファイルサイズが5/8程度になるそうなんですよ。その代わり圧縮が2回なんで時間も倍かかるというわけらしいです。これは試すしかないでしょう!えー、終了までの予想時間が4時間越えてます(^^;;。いきなり30分近いファイルは無理があったようですね・・・。15分くらいのファイルを試しにエンコードしてみたんですが、2時間くらいかかり、出来上がったものはまた失敗。なんかどこかの設定を間違ったようです、動画がカクカクでゴミが映像に乗っています。もっと短いファイルでやらないとこれは身体が持ちませんね〜。

後記:
これは明日も悩んでそうです。

 

2002年9月16日(月) 大安

【動画編集】
なんとか14時ごろには片付けが終わりました!やった!11時近くまで寝てたんで実質今日の片付けは3時間以下ですね。トータルで15時間以上は片付けていた気がします。やっと当初の目的であるD-VHSデッキから動画をパソコンに取り込むという当初の目的に立ち戻れました。今回買ったのはHM-DR10000というVictor製のビデオデッキです。詳しい説明は省きますが、これは今までのビデオデッキとは違い、「MPEG2」というDVD等でお馴染みのデジタル形式でテープに記録するD-VHSという規格のデッキです。ここも詳しい説明は省きますが、この規格のデッキにはiLinkというDV等で使われている通信ポートがあるものがありまして、そこからMPEG2形式の動画を抜き出す手法を考案した人たちがいるんですね。私はその話をどこかのHPで読みまして、前からこのデッキが欲しかったんですよ。でもこの規格のデッキでiLinkポートがついていて、なおかつアナログソース(地上派等)をMPEG2に変換できるデッキというのが高くて、今まで手が出なかったんです。ところが最近になってこのデッキが格安で放出されたらしく、定価20万くらいのデッキが5万円程度で手に入ったんですよ。まあ2000年製なのでもう型落ちって事なんですが、私は別に何でもよかったので安い高画質キャプチャー機器として、また良いビデオデッキとして購入しました。かなりお買い得だったかと思います。まず普通にデジタル録画が素晴らしく綺麗です。パソコンに取り込む云々の前に、ビデオデッキとしても性能が凄く高いです。そして肝心のMPEG2のキャプチャー・・・30分で2GByteくらいの巨大なファイルが出来ました(^^;;。いやぁ圧縮済みでこれですか。これだと恐らくDVDと同じレベルの圧縮率でしょうね。2時間で8GByteですから、片面2層のDVD9.6GByteに、多国語で入れてもなんとか収まるでしょう。いやぁでかすぎで編集がきついです。実際に編集できる形式にするには(フリーソフトでやろうと思うと)完全に圧縮をといてやる必要があるのですが、大体3.5GByte位になってしまいました。まあディスクは余りまくっていたのでいくらファイルがでかくなってもいいのですが、とにかく処理に時間がかかって・・・。切ったり張ったりするたびにカリカリカリカリ・・・一つがギガクラスのファイルがサクサクとできていくのは勘弁してもらいたい光景です。単純に取り込んだそのままでも見れるんですが、CMカットしたり特定の場面だけ抜き出すとなると編集する必要がありますね。ただファイルの圧縮をとくだけならそれほど時間は必要としないんですが、再度圧縮をかけてMPEG2や保存に適した形式に変換するのに、うちのCPU(Athlon900Mhz)だと2時間とか3時間とか平然とかかります・・・やってられない。なんか速いCPUが欲しくなってきましたよ。なんか罠にはまったような気がします、ああ・・・。

後記:
動画編集はとにかく良いマシンが必要とされます。ただCM切ったりしたいだけなんですけどねぇ・・・。

 

2002年9月15日(日) 仏滅

【終わらぬ戦い】
片付けが終わりません・・・まさか今日も持ち越す羽目になるとは。昨日の夕方に始めた片付けは、今日になって大掃除というよりも引越しに近いレベルになってしまいました。あれですよ、中途半端な完璧主義者の血が騒いでしまったわけです(w。押入れや収納ケースの中身の整理は言うに及ばす、積み重ねてあったCDケースの山にまで手を出して選別を開始してしまいました。古いOSや、バックアップのために取っておいたCD-Rなどはもうガンガン捨て。変な音楽CDとか要らないソフトのCD-ROMとかも捨てまくり。まあそれでもCDケースはあんまりかさが減りませんでしたけどね。ただ随分埃が酷かったので全部雑巾できれいにしていったのでかなり時間がかかりました。やりすぎだと思います?でも指でなでると黒くなるくらい細かい埃が積もってるんですよ・・・。以前私の家の前の土地が畑だったんですが、最近になって半分に家が建ち半分が駐車場になったんです。畑だった時代はちょっと風が吹くとものすごい砂埃が舞いまして、かなり細かい微粒子が家の中に入り込んだんですよ。その時代から同じような積み方をしてあったのでこんなに埃が積もってるんですね。えーと、そう考えるとこの部屋で普段掃除機をかけているスペース以外は全部この埃が積もっていることに・・・。泣けてきた。TVの裏のケーブルを一本ためしに拭いてみる、雑巾があっという間に黒くなる。マジで泣ける。もうこうなったらハタキと掃除機と雑巾で徹底抗戦の構えです。もちろん要らない物品の選別も続けつつ、パソコンやAV機器の配線を組み替えつつ、各所に積もりに積もった埃の類を徹底して除去していきます。全然進まない・・・おかしなほど時間が過ぎていく。普段からこれだけの集中力があれば出来ないことなんてないだろうなぁ(w。午後に親に誘われてテレビのラックに使えそうな物を探しにドイトに行ったんですが(親も1階の床の補修をやってました)、良いものが無かったので諦め。アイリスのメタルラックあたりを期待していったんですが、寸法や強度の関係でテレビを載せるのは危険と判断してやめました。結局ラックは交換せずに元のプランのまま片付け続行・・・。終わらない、本当に真面目にやってるんですが終わらない。とりあえず夜までやって大きなゴミ袋一杯に燃えるゴミが出ました。まあ燃えるゴミは結構かさが張るのでこれくらい出るのは納得できます。しかし燃えないゴミと危険物が大きなゴミ袋で2個分くらい出たのにはびっくりした・・・。押入れの奥にあったSCSI機器の外側のケースとかISDN用のTA(DSU無モデル)の一式とか、選別して捨てたCDとCDケースなど。全部混ぜこぜにした後に気付いたんですが、うちの地域はCDは危険物扱いの模様・・・分けるのめんどいなぁ。こうなったら謎のルートで廃棄します。あ、違法投棄じゃないですよ(w。産廃のルートで捨ててもらうので、多少混ざっていても大丈夫。実際市役所じゃなくて民間の焼却場とかだと缶詰でも燃やせるところがあります。もちろん焼却費は高いですけど。今日も終わりそうにありません。

後記:
また持ち越し。本当にきつい。

 

2002年9月14日(土) 先負

【自室清掃】
実は先日D-VHSデッキというものを買いました。画質とか機能等については後日紹介と評価をすることにしまして、今日はちょっと別な方向からのお話。デッキ自体は昨日の夕方に家に届いたんですが、梱包を解いてみたところこれが実にデカイ!横幅が47センチもあって、今まで使っていたへちょいビデオデッキを置いてあるTVの真下のラックに置こうとしたら横幅が足りないんですよ。これは困りました、実はこのビデオデッキ、パソコンに繋げて動画のキャプチャーをしようと思って買ったのですが、接続に使う特殊なケーブルが3メートルまでのものしか売ってなかったんですよ。色々と苦悩したんですが、思い切って部屋の模様替えをしてパソコンデスクの置き場所を反対側の壁のAVアンプやDVDデッキを積んであるほうに移すことにしました。もちろん新しく買ったビデオデッキもそちらに置くことに。これならケーブル長は何とか間に合います。ところがここで大問題発生、私の部屋が予想以上に汚い(w。一見するとちょっと物が多い、もしくは妙に部屋の中の物の背丈が高いという点以外は変なところが無い私の部屋。実際に収納ケースを開けてみたりテレビの裏などを見てみると・・・もう泣けるような状況に。まず良くわからないジャンク品が多い、そして各所に異様に埃が積もっている!私の職場の清掃前と変わりません(^^;;。今朝方までデッキをいじって遊んでいたせいで寝たのが5時ごろだったので、部屋の片付けを始めたのは夕方でした。とりあえず黙々と埃を拭く、拭く、拭く・・・きりが無い・・・。そのうち各所に詰め込んであったゴミも気になりだしたので必要な物やそうでない物の選別作業も開始。一気にペースダウン。ここ1年近くいじっていない押入れまであけて清掃開始。まあ出てくるわ出てくるわ、おかしなほど出てくる物品。5年前のマザーボードとか、古いゲームの箱、4倍速のCD-ROM、壊れかけのキーボード、もう現物の無いマニュアル類、大学時代のノート類、参考書類、etc・・・。全部捨てます。先日からの職場の片付けのお陰で、思い切りがよくなってる今がチャンスです(w。とりあえず後ろ髪をひかれないうちに要らないものはみんな処分してしまいしょう。その合間にも積もりに積もった埃を掃除機と雑巾で除去。いや、別に普段の生活スペースが埃まみれじゃないですよ。普段は隠れている部分とか、長年手を触れなかった場所に今回手を入れてるので酷いだけですって、マジで。とりあえずだらだらとTV見たり音楽聴きながら片付けたせいもあって、明け方の5時ごろまでやって終わらずに力尽きて寝ました(^^;;。残りは明日に持越しです。

後記:
寝たスペースは5分前まで座る空白しかなかった場所(w。

 

2002年9月13日(金) 友引

【保険屋闘争記 その3】
保険屋より一歩踏み込んだ電話がありました。私が先日よりごねている『原付のフレーム交換』について、東京にある保険屋の本社から、近所の営業所に現物の視察の指令が下ったようなんですね。まあ事前にそれは了承していました。今日はその営業所の人が実際に事故車の原付を視察した結果に基づく交渉です。これ以降は対話形式でお楽しみください(w。 私:「はいもしもし」 保:「あ、mosa様ですか、私○○損保のKと申します」 私:「あーどうも」 保:「本日は先日の事故の件につきまして、私が実物を見させていただきましたので、お話をさせていただこうと思いまして」 私:「なるほど。それでどうでしたでしょう?」 保:「私としては正直なところ外装交換で問題ないと思うのですが・・・」 私:「ふむ、フレームは交換の必要が無いと?」 保:「ええ、そう私は思うのですが」 私:「バイク屋もメーカーもフレームが無事だという保証を出せないそうなんですよ。私は怖くてそんな原付に乗りたくないんです」 保:「えーでも一般的にはですね、こういうケースでフレーム交換というのはしないかと思うんですが」 私:「なるほど、なら○○損保さんの・・・すいませんお名前なんていいましたっけ?」 保「私ですか?Kと申します」 私:「失礼、○○損保のKさんのお名前で一筆“この原付は安全に乗れます”っていう保証が頂ければいいですよ」 保:「それは・・・」 私:「別にどこの誰のでもいいんですよ、あの原付が安全に乗れるという保証がもらえれば。でも車のように車検もないし、メーカも保証が出せないとなれば一番重要なフレームを交換したいと思うのは当然じゃないですか?」 保:「まあ確かにそうですが・・・」 私:「ぶっちゃけたところ私だって新車を1週間でぶつけられたんですから全損で買い換えたいですよ。でもそれは無理な話でしょう?だから私は一番中心のフレームを交換して、安心して乗れるようにしたいと言ってるだけですよ」 保:「わかりました、もう一度相談させてください・・・」 私:「どうぞ。ご連絡お待ちしております」。以上。ちなみに私は終始穏やかな口調です(w。なんか楽しくなってきたなぁ〜♪。

後記:
明日から壁塗り、今日は一日片付けで終始しました。なんかクタクタです・・・。

 

2002年9月12日(木) 先勝

【廃棄】
先日から行っている職場の片付け。もうこれでもかというほどわけのわからないものが続々と出てきます。1年前に入れ替えたシステムのマニュアル類などはまだあって当然かと思いますが、なぜに8年近く前のものが出てくるのか・・・。私の職場があるビルが出来たのが1996年、8年前といったらそれ以前だし。わけわかんない。誰も手をつけないでとにかく溜め込んできた結果としか思えません。なにか仕事をやったときに資料の類を全て取っておくというのは確かに安全で一見確実に見えますが、ただ整理と選別を放棄している可能性もあるわけですよ。はっきり言って取っておく価値の無い書類も多数出てきました、もう全部捨てます。そもそも『後で無いと困るかもしれない』物の存在を誰も知らなかったら、存在しないことと同義じゃないですか。『いつか必要になるかもしれないからとっておく』物の9割はいつになっても必要ないものでしょう(w。ではそれをその当時に選別できなかったのか?多分出来たでしょう。少なくとも半分には出来たはずです。するのがめんどくさいからしなかっただけでしょうね〜。え?もちろん私もしませんよ、HAHAHAHA。私ハ全部箱ニ叩キ込ミマース・・・冗談(w。でもね、ちょっと後になってから落ち着いて資料の整理をしたほうが良い場合もあるんですよ。本当に必要なものと必要ないものの区別がつき易いですからね。最近気付いたんですが、私は中途半端な完璧主義が災いしてか、思惑通りにいかない、もしくはそれが予想できると物事に手をつけないことが多々あるんですよ。片付けも完璧にやれる場合以外はやる前から諦めてしまう傾向にあるようです。中途半端でも物事に手をつけられるように、少しずつ性癖を直していかなければ・・・。

後記:
今回の片付けは随分思い切って物を捨てました。整理整頓は要らない物を片付けないとどうにも始まりませんね〜。

 

2002年9月11日(水) 赤口

【過密スケジュール】
えーと、この所おかしなくらいスケジュールが詰まっています。今週末には壁塗りがあるのでここ数日ずっと片付けをやっていますし、これが終わって来週は対外回線増速があるので気が抜けません。もちろん今どけている机や棚も戻さなければ仕事も出来ませんしね。前にもこんな話をしたかと思いますが、お盆の前後で「その件は9月頃にやりましょうか〜」とか言う発言を繰り返していたのが間違いだったようです・・・。出来ることは先に先にやっておくという人もいるかと思いますが、私はどうも切羽詰らないとやらないタイプなんでしょうか。どうしても事が遅くなる傾向にあります。美味しいものは後に残す・・・わけではありません(w。臭いものにふたをしてしまってから、ひたすら寝かせて外ににおいが漏れてどうにもならなくなってから片付けるようなそんな感じ(^^;;。良くないなぁとは思うんですがどうにも直らないですね、性格なんでしょうか。まあ忙しくやってるうちに色々と細かいことは気にされずに仕事が終わってしまい、アラが目立たないので個人的には楽ですけどね〜。ほら立て込んでると細かいことって気にされないじゃないですか。実際そんなこと気にしなくたって結果は出るんですよ、終わりよければ全てよし!ってことで・・・駄目?(^^;;。

後記:
過程も大切だとは思いますけどね、こういう事態を招いたのは私だけの責任じゃないですよぅ・・・。

 

2002年9月10日(火) 大安

【保険屋闘争記 その2】
くわ!やっと連絡よこしやがりました腐れ保険屋。先週なかばに「当方の割合を95%にさせて頂きます」という電話を寄こしてからずっと音沙汰無かったので「そろそろ締め上げてやろうか・・・」とか考えていた矢先の電話でした。まあ時間がかかったのは許しましょう、しかし電話の内容が私にとってマイナスな内容。ここでもうぶち切れですよ、なんか折れる気がなくなりました。徹底して保険屋から搾ってみようと思います(w。今回の事故と今後の方針をまとめてみましょう。1.保険割合は、相手:95%私:5% 2.人身事故にはせず物損事故で済ませる 3.壊された原付は限りなく全損扱いに近づけさせる。こんなところでしょうか、3番目が危険な香りがしてます。とりあえず私は先日から「安全に乗れるという保障がない限り修理完了とは認めない」と言っています。向こうの保険屋が外装交換だけで話をすすめてきたので「フレームが曲がってないというメーカー保証か、フレームを交換するまで怖くて乗れない」とごねてやりました(w。見積もりも出てないのに値段まで勝手に決めようとしていたので、徹底して叩いてやるつもりです。その内容で、保険屋がバイク屋に聞き込みを行ったようですがバイク屋は「諸手数料込みで15万くらいかかってしまう」との回答だったそうです。ナイスバイク屋。その後バイク屋にこっそり連絡を取って「15万でたら、今預けてある事故車下取りしてもらって新車買っても大丈夫ですかね?」と聞いたら「多分ok」とのこと。これで全損扱いにならなくても新車が買える可能性が出てきました。車と違って明確な保険の枠が無さそうな原付。この機会にうまい事交渉してみようと思います。ちなみに私の責任分である5%に関しては保険を使う気がないので、交渉は全部自分でやっています。やっぱごねるなら自分でやらねば(w。

後記:
うまい風向きになってきました。あとはなんとしてもフレーム交換の必要性を主張し続けなければ・・・。

 

2002年9月9日(月) 仏滅

【壁塗り準備】
私たちのいる事務室の壁塗りの準備で本棚やらなにやらを片付け始めました。とりあえず今日は大きなところでスチールラックの移動などから開始です。サーバルームに置く机が無かったので、代わりに事務室のほうで小さなサーバを置いてあったスチールラックを入れてしまうことにしました。まぁ長年動かしてなかったせいかすごい量の埃です。ところであのOA機器の中に付く黒い煤はいったい何なんでしょうかね?今回動かした小さなサーバも、埃もさることながら黒い煤で真っ黒になっていました。いやぁ拭いても拭いても取れない。粒子が異常に細かいせいか一度付いたら白くするのは至難の業です。最初は空気中に飛散したプリンタのトナーとかが静電気で付着するのかとか考えていたんですが、良く考えたら自宅の機械も少なからず付くのでその可能性は低そうです。空気中の細かいチリとかが炭化したものなんでしょうかねぇ・・・謎です。いつもなら調べるんですが今日はそんな気が起きないのでこのまま謎にしておこうと思います(w。小型サーバの煤は予想以上の量で、綿ボコリが煤で真っ黒になったようなものがぼろぼろ落ちてきます。しょうがないので掃除機で吸い取ろうと思ったら、ここに常備してあった掃除機が行方不明・・・どこへ行ったのやら。とりあえずこの状態のサーバをサーバルームに入れるわけにはいかないので、他部署から掃除機を借りてきて吸引。なんとかサーバルーム内に収めることが出来ました。それにしてもあの様子だと、埃が吸湿したらショートしてた可能性もありますね。危ない危ない。たまには大掃除もいいものです。色々なところから要らないものが山のように出てきます。7年くらい前のマニュアルの類とかは当たり前のように出てきますし、FDなんかも良く見ると要らないものばかり。全部廃棄。後でなんかあったらどうするかって?現物が無けりゃ誰も気づかないのでOK!そのときそのときで何とかなるもんですよ。まあ本当に必要なものはファイリングされて保管されていますので、「いつか使うかもしれないと思ってとって置いた物」は全部捨ててしまいませう〜。

後記:
「片付けられない人」というのは「物の捨て方を知らない人」だという話がありますが、確かにその通りかも・・・。

 

2002年9月8日(日) 先負

【ファイル交換】
久しぶりに自宅でWinMXを立ち上げました。とは言っても違法なソフト交換をしようというのではありません。実は最近WinMXで交換されているファイルの中に、TVで放映してるドラマや特番、アニメなどがムービーファイルとして流通してるんですよ。まあ普段ならわざわざPCのモニタでTVを見たいとは思わないんですが、見逃してしまったドラマなんかは気になるじゃあないですか。まあ単純に録画コレクションとして持ってる人もいると思うんですが、私は見逃した番組を探すのに使わせてもらってます。アニメ系は随分コレクターが多いみたいですが、ドラマとか特番系となるとあまり人数がいないので探すのがちょっと大変ですね。まあ画質云々はこの際気にしないのでとにかく内容がわかればいいんです。私の探し物は、とある神より分けていただきました、ありがとうございました(w。ところでこういう録画した番組をファイル化して不特定多数の人間に配る行為というのは法には触れないんでしょうかね?まあこれによって本人が金銭的に得することもないですしねぇ・・・むしろCMとかそのまま入ってれば企業にとってはプラスになる気もします。まあグレーではありますがこういう使われ方もしていると考えるとWinMXが提供するプラットフォームは一概に「悪」とは断言できない気がしますね。ただ、いまうちの職場でも対外回線の占有が問題になっており、どうもその要因の一つがWinMXをはじめとしたファイル交換ソフトの影響だということがわかっています。ファイル交換という行為そのものが悪だという認識はないですが、他者に迷惑をかけるほどの回線の占有を引き起こしてしまっているのも事実です。プロクシを経由しないでダイレクトに回線を使うのでどうしても外部からのうちのWEBの参照や、メールの受信などに遅延が発生してしまうんですよ。道具は使う人によって「善」にも「悪」にもなるという見本みたいなものですかね〜。

後記:
逮捕者が出ようが相変わらずWinMXは盛況ですね・・・みんなしぶとい(w。

 

2002年9月7日(土) 友引

【復旧de焼肉】
今日は職場の電源が復旧しだいInoyu氏から連絡が入る予定になっていたので、適当に自宅待機状態でうだうだしてました。なんか無目的に暇つぶしも難しいものですね、FFやってたんですが知り合いが全然居なかったので昼前には飽きてやめてしまいましたよ。16時過ぎごろ「18:30〜19:30に復旧すると連絡があった」と電話があったので、私も買い物がてら17時ごろには家を出ることにしました。ところが、途中本屋に寄ろうと思って駐車場に原付を入れたとたん、にInoyu氏より再度電話が。「18時には復旧するってまた連絡があった」というので、適当に買い物を済ませて18時過ぎには職場に到着。まだ皆が来るまでに1時間近く余裕があったので、電話連絡をInoyu氏にしてくれたり、色々とお世話になっている守衛さんにビールを差し入れておきました。普段から細かい心くばりはしておいたほうが無難です(w。19時までに作業をする人が全員が揃ったので、まず昨日トラブったUPSから上げてみる。ちょっと癖のある機械以外はすんなり電源が入りました。これなら復旧作業自体は順調に・・・行くかと思われたんですが、初っ端からトラブル発生。ファイルサーバ用のディスク装置の電源が入りません。致命的です(^^;;。またマニュアルを引っ張り出してきて調べてみるものの、書いてあるとおりに動いてくれない。今日は焼肉が控えてるので、なんとしても早く切り上げないといけません(w。色々と試行錯誤するも、どうしようもならなくなってしまったので緊急のコールセンターやサーバを導入した業者の担当の人に電話。ところが電話の最中に私がどうしても気になっていたスイッチを一個切り替えたら、突然電源が入りまして、なんとか先に進むことが出来ました。その後の調べでわかったのは、ディスク装置に限りUPSと連動するような設定になっていたらしくディスク装置側の電源を入れる前にUPSだけをいじったのが敗因のようです・・・。まあそんなことはその場に居る誰も知らなかったのでしょうがありません。手順書を書きかえておきましょう。その後は特に大きなトラブルも無かったのですが、結局21時ごろまでかかってしまいました。まあもともと20時開始の22時終了の予定だったので良しとしましょう。あーそうそう、焼肉屋にはakimaru君だけを先に送り込んで順番待ちをさせていたのですが、スケジュールが30分ほどずれたため、長時間にわたって「一番混む時間に8人席に1人で座る刑」に処してしまいました(w。ごめん。

後記:
久々に食べた焼肉はうまかった〜。問題は医者から止められてるはすの私が一番食っていたことです(w。

 

2002年9月6日(金) 大安

【停電de残業】
私の職場で年に1回ある電源の法定点検が明日にありまして、今日はサーバ群の電源を全部落とす日です。考えてみると1年前にサーバを全部入れ替えてから、全部の電源を切るのは今日が初めてなんですよ。しょっちゅう幾つかのサーバが落ちたりしてたので安定稼動してきたという感じはあまり無いんですけどね。でも数えてみるとかなりの数サーバがあるので、よく落ちていたサーバの数に比べれば安定して動いていたサーバのほうが数が多いようです。社内で仕事をやっている人がいると作業が出来ないので、就業時間後じゃないとサーバを落とせません。18時以降になってやっと作業開始ですよ。一通り停止手順を確認しつつ停止作業を進めていき、最後のUPS(無停電電源装置-バッテリみたいなもの)の電源を切ろうとしたところ・・・おやぁ、一番簡単なはずのこれが落ちてくれない。サーバとかが予想通り落ちてくれないっていうならそんなに珍しいことじゃないんですが、UPSの電源が切れないなんて初めてですよ・・・。いやぁさすがにノウハウが蓄積されて無いせいか変なところでつまづいてしまったようです。説明書を引っ張り出してくるも、どうしてもそこに書かれているとおりの動きをしてくれない。30分近くそこでドタバタしていたでしょうか・・・。なんとなく気になったので一応UPSの型番を確認してみると、最初の10桁くらいは合ってるんですが最後の数桁がマニュアルと本機で食い違ってます。まあそういうことをするメーカもあるので、そんなものかと思っていたんですが、その後マニュアルの束の中から微妙に型番の異なる機種向けの補足資料を発見。あー電源の切り方のあたりだけが違うとの事(^^;;。5〜7秒停止スイッチを押すと電源が切れるとの事だったので早速試してみると、見事に電源が切れました。いやぁ時間を食ってしまいましたよ。2時間以内で終わらせる予定が、3時間もかかってしまいました。明日は復旧のためだけに数時間だけ出てこなくてはなりません。メンドクセー。

後記:
明日は仕事が終わったら焼き肉食べに行く予定。

 

2002年9月5日(木) 仏滅

【ファミコン屋】
今日は普段寄るセブンイレブンではなく、帰り道に最近出来たローソンで買い物をしました。店内に入ると、いきなり見覚えのある顔の店員が居ます。「あれ?ここははじめて来たコンビニのはずなんだけどな〜?」と思いつつ記憶を辿ると、この間無くなってしまった私の家の近所のローソンの店長さんです。どこかに移転するような話は聞いてましたが、まさかここだったとは。声をかけて一言二言話をすると、やはり私の家の近所でやってたときは随分業績が悪かったので移転することにしたそうです。まあ微妙な場所だったのでしょうがないとは思いますが、私はかなり不便になってしまいました・・・。頑張ってくださいと言ってお別れ。今度の場所は駐車場も広いし車の交通量も多く、目の前になんかの会社のビルもあるのできっと繁盛すると思います。さて、そのローソンが移転した後の店舗なんですが、最近になってとうとう借り手がついたようで、先日から着々と工事をやっていました。何が出来るのかと思ってたら、「ファミコンショップ 桃太郎」・・・。私にどうしろというのでしょうか。歩いて3分の位置にこんな店が出来てしまっては、非常に不愉快ですよ。近所の目が気になって入れないじゃないですか!(w。そりゃ最近話題のゲーム脳の持ち主である私にとっては近所にこういう店が出来るのはむしろ歓迎すべきことかと思いますけどね。なんというか、いまさら『ファミコンショップ』っていうネーミングもどうかとか小一時間問い詰めたくなったりもするわけですよ。「本当にファミコン売ってるのか?このやろう」とか喧嘩売ったりもしたくなるんですよ。まあそんなことは置いといて、私はまだこの店に入ったことがないです(^^;;。前述のようにあまりに近所過ぎるので、近所では常識人&実直&堅物で通ってる私のイメージが根底から崩れる可能性が!生殺しですねこれは。例えばAV好きなことを隠してる人の家のものすごい近所にAV専門のレンタルビデオ屋が出来たとして、はたして彼はその店に行けるのか?とか色々と妄想は膨らむわけで。何書いてるのかわからなくなってきた・・・。

後記:
店に入ったとたん写真とか取られて近所で晒し者にされるんじゃないかとか、実はドッキリだとか、小学生のとき以来の変な妄想が沸いてます。

 

2002年9月4日(水) 先負

【代車生活】
やっと原付の代車を借りることが出来ました!いやぁ、久々の電車通勤はうざかった〜(w、ちょうど高校生とかが夏休み明けで、車内がうるさかったんですよ。久しぶりに通勤で数日電車に乗ったり、乗り継ぎのために駅間を歩いたりしてて思ったんですが、今年は本当に暑い・・・。もうちょっと歩いただけで汗だくですよ、たまったもんじゃないです。普段原付で風を受けて走ってますから意外と涼しいんですが、歩いてるとアスファルトからの熱気がものすごいですね。アスファルトの下に水の管とおして熱回収して発電とか出来ないものであろうか。なんにしてもアスファルトから吹き付ける熱風は凶器ですよ。赤ちゃんとか小さな子は低い位置で息を吸うので、大人の目の高さよりも圧倒的に気温が高いですからご注意。昨日バイク屋に電話したら代車の用意が出来たとの事で、帰り際に受け取って帰ってきました。例の色々と怖い代車です・・・これしかないそうで。まあ無いよりはましです。ところが今日になって気付いたんですが、事故車にカッパを入れっぱなしだったんですよ。普段私が使ってるのはYAMAHAが開発してる、なんかハイテク素材がどうとかいうカッパでして1万円位する高いやつです。まあそのお陰か、本当に濡れないし通気性もいいのでベタッとした感じがありません。今じゃあれ無しには雨の日に原付なんて乗れないですよ。しょうがないので帰りにバイク屋へ取りに行くことに。ところが電話したら今日は定休日・・・。幸い所要で経営者の人が居たので応対してもらえました。明日から雨だとの事だったので危なかった(^^;;。相変わらずブレーキのききが悪い代車の原付。雨で乗っても大丈夫かなこれ。

後記:
事故って死ぬかもしれません。

 

2002年9月3日(火) 友引

【ペット】
今日は久々に電車通勤。とはいってもまた途中からinoyu氏の車に便乗させてもらっています。やけに混む道路でとりとめもない雑談を交わす中、inoyu氏がふと思い出したように「今日は身内に不幸があったので午後休ませてもらうわ」とのたまいます。そりゃ大変じゃないかと思うわけですが、妙にさっぱりした彼の様子を見る限りあまり身近な人じゃないのかなぁと思い、「どれくらいの身内?」と聞くと「白くて毛深い」と意味不明の回答。私が「は?」と聞き返すと「名前はゼロ」「零?ゼロさん?・・・あ、犬か」、納得。確かに身内です。もう15年も生きた犬だそうで人間で言えば70を超えた高齢です。犬は一般的に『1歳で人の18歳、その後1年につき、人に換算すると4歳ずつ年をとる』と言われているそうです。ただし、大型犬に比べ小型犬の場合は、最高で+10歳位の差が出るそうですね。inoyu氏の実家で飼っていた犬はマルチーズだったと言うことなので、15歳と言う年齢は人間で言えば80歳を超えています。大往生と言ったところでしょう。個人的には彼が家族の一員としてペットを扱うような人間であるということを確認できたのが嬉しかったですけどね(^^;;。亡くなった直後でなんですが、その犬もそういう家族と一緒に過ごせたのは幸せだっただろうと思います。私の家でも猫と犬を飼っていますのでそういう部分で共感がもてるというのは嬉しい発見でした。犬や猫はどうしても人間より先に死ぬ場合が多いです。どんなに大切に飼っても気をつけても自分と一緒に生涯を過ごすことは出来ません。ただ、ペットがその家族と居て幸せかどうかは人が考えてやることが出来ます。私は今自宅で飼っている猫と犬は間違いなく幸せだと言えると思っています。犬や猫にだって感情はありますし、物事も考えます。同じ家族の一員です。私は自分をペットと同じ境遇に置くことに抵抗を感じません、いつも家族みんなで大事にしてますからね。そういう人はきっと自分も幸せになれると思うんですよ。ちょっととりとめもないですが、ここまで。

後記:
今日は保険屋の動き無し。明日は手際のことも絡めて攻めてみる予定。

 

2002年9月2日(月) 先勝

【保険屋闘争記 その1】
新シリーズ突入です(w。えーと先日の衝突事故の件で、午前中に病院に行って検査を受けてきました。レントゲンまで取ったんですが、特に各部位に異常は無し。幸いなことにただの打撲で済みました。全治5日、ぶっちゃけたところ、しごく軽症です(w。ただ、お陰で午前中は半休になってしまい、病院がとにかく混んだために仕事に間に合わせるために帰りはタクシーまで使わなきゃならない始末。しかも今日の病院の検査費用はとりあえず一時的には自己負担になり、健康保険も使えないので全額払い・・・結構洒落になりません。保険の効かない医療費の高さを噛み締めつつ、手数料のかかるATMで現金を引き出しタクシーに乗る。この手数料も請求できないかと考えたり。タクシーの運ちゃんに通院の事情を説明すると、彼は無記入の領収書を一枚渡してくれ「80円刻みでメーター上がるから」とだけ言い残して去っていった。いい人だ(w。職場に着いて、新車が事故車になった悲しい物語を強制的に皆に聞かせてるときに、今日になってやっと先方の契約している保険屋から電話が来ました。土日だったせいでどうしても対応が遅れてしまったようです。とりあえず怪我の状況や事故当時の説明等をした後に交渉開始です。今回は私は10:0を主張し、妥協点を限界まで引き上げるという計画なので最初は自分で交渉するつもりで事に臨みました。まあ予想通りというかまず相手の保険会社から「mosa様のご契約なさっている保険会社さまと交渉させていただいてもよろしいでしょうか?」ときやがりました。まあ当然といえば当然です、普通の事故や普通の人の場合保険屋同士の交渉になります。まあ問題は今回の事故は少々特殊なケースが重なっているので、私のほうの保険屋がそれを正確に汲んで交渉してくれるかわからないのが怖かったのと、事故を「物損扱い」にするので割合を引き上げさせるという意図があるので、この件については「10:0にしてもらいたいので保険屋を入れるつもりはない」ときっぱり言い渡しました。この場合色々と問題は山積みになるわけで、私に正確な保険の知識がないとか、時間がかかるとか考えると面倒なことが結構あります。ただ私は今回、とにかく事故を「人身扱い」にはしないと決めたので、その意志を貫いた上でいかに費用と慰謝料の請求が出来るか試してみることにしたんです(^^;;。とにかくまず最低でも費用の負担割合を9:1まで引き上げさせた上で、その後の交渉に臨もうと思っています。とりあえず今回は、相手の会社はこれだけ聞いてから「事故の当事者からも状況を聞いたうえで再度連絡する」と言い残し電話を切りました。さーてどう出てくるかな・・・(w。

後記:
素人だと思って甘く見てたらギャフンと言わせる準備だけはしておこうと思う次第です。

 

2002年9月1日(日) 赤口

【飛空挺への道! 完結】
夕焼けに染まる雲と、吹き飛ぶように過ぎ行く眼下の大陸を飛空挺の甲板から眺めながら、そこに立つ私は寂しさにも似た郷愁の中に佇んでいました・・・。飛空挺への初搭乗は、どこか一抹の寂しさを感じる不思議な体験でした。この感情をどう表現したらよいのでしょうか・・・ある意味一つの目標でありステータスシンボルとも言える飛空挺への搭乗を果たしたことにより私の中で何か変化があったのかも知れません。小説の残りのページ数を確認するときのあの切なさ、何事にも終わりがあるとわかってはいても、人はそこに何かを感じずには居られないのでしょう。無論この「FinalFantasyXI」というゲームをやりつくしたとかそういうことを言っているのではありません。ただこのことが一つの区切りであると共に、目標とすべき事をやり遂げた達成感と、情熱の行き先を失った喪失感を、同時にこのとき味わったのだと思います。私は今後このゲームに何を求めるのか、今までは何を求めてこの世界を彷徨っていたのか。そんなに深く考えることではないのかもしれませんが、それは私にとって重要なことのように思えます。飛空挺はこのヴァナディールという世界において、上級者の交通手段に過ぎません。世慣れた高レベルの冒険者たちは飛び行く飛空挺の甲板にすら足を運ぶことは無く、ただその時間が過ぎるのを窓もない客室で待つだけです。私はそんな旅はしたくない。甲板に出れば夕焼けが見え、夜には星が瞬き、朝に登る太陽が見える。自分が毎日彷徨い冒険をする大陸が眼下に広がる。ああ、こんなにも世界は広いのかと感じずにはいられない。まだ見ぬ異邦の地に思いを馳せる喜び。そして降り立つこの大地で、私は自分にとって少し狭くなった世界へ冒険に出かけるのです。この思いを忘れない限り私はこの世界の住人であり続けられるでしょう。「その心よ永遠なれ、世界を愛で語る者達よ、汝は冒険者なり」(出展不明)。

後記:
まあ楽しくやってますよってことです(^^;;。

 


[運営ぽりす〜]
当サイトはスキル互助を目的とした仕事人グループによる運営を行っております。スポンサーを募集しておりますが、ここを見てスポンサーになろうという奇特な方はいないかな。
仕事を見て欲しい今日この頃。
部外秘な仕事しかやって来てないなぁ...